« 権利がややこしい土地で起こる問題(会話風に) | トップページ | ぎっくり腰、長かった~ »

2017/03/17

なぜ不景気か?GDPと雇用者報酬で考える

 まず、景気が良いか悪いかという点では、どちらかというと悪いですよね。
 昔ほどじゃないけど。もっと景気がよくても良いはず。
 春闘の一斉回答日のニュースを見ましたが、全然盛り上がってません、はい。
   ・・・今日の結論はもっと、賃金アップすれば良いのにな、という話です。

 久々にGDPと雇用者報酬のグラフを描きました。出典は、内閣府の国民経済計算からです。
(ただしっ! GDPの確報値ってだいぶ遅れて出るので、2015年分までです。→ここ注意。)

<<GDPと雇用者報酬の分かりやすい説明はこちらへ どうぞ>>
 【関連記事】
  ●だから~、GDPが増えないと給料は上がらないって (2009/04/15)
  ●GDP;増税前の「名目と実質」のウソ! (2012/09/24)

       (追記;あれれ単位が抜けてる・・・GDPも報酬も「兆円」です、国全体。)

Gdphoushu
 なんか、GDP計算の基準が変わったらしく、昔のに比べると数パーセント上がったような気がするのだけど、それはまぁおいといて・・・
 
 1997年に山一證券が破綻して、それから銀行再編が進んで、
 2001年に小泉さんが首相になった頃くらいから、ホームレスが増えました。
 
 Windows95で、パソコンについていけないオジサンたちもどんどん首を切られました。・・・ちなみに当時の流行りの表計算ソフトは「ロータス123(ワンツースリー)」、マクロが超便利だった(懐)
 
 オジサンが首を切られたせいかどうか分かりませんが、雇用者報酬は下がっていきます。その後、ITバブルとか携帯全盛とか、BRICsはじめ新興国の隆盛もあいまってGDPは上昇して、かつ報酬も上がりますが、企業は引き締めにかかります。
 ・・・以前ほどは上がってません。
  (これを「派遣・非正規が増えた問題」と呼ぶ人もいるでしょう)

 で、2007年のサブプライムローンと2008年のリーマンショックで、GDPも報酬も激減し、最近やっとその水準に戻ってきた所。
 
=====
 ついでに、雇用者報酬÷GDPのグラフも描きました。
 ここ数年まで、「過去最高の利益」なんて言っていた企業がそれを給料に回していないのがよくわかります。
 
 たぶんね〜企業が4%くらい賃金アップすれば、景気よくなるよっ!
それか、国が
   個人に対して、10兆円規模の減税するとか、
  例えば、所得税半分とか、 (所得税+住民税)3割引とか。

 で、消費税1%で2兆円くらいの増税=この前の3%アップで6兆円くらいアップ!
 ・・・・・・ 真逆のことをしている訳 (^_^)
 共産党とかの「消費税反対・企業儲けすぎ」これ正しいわけですな。

〜〜〜 景気アップと増税は両立するか? ってな哲学的命題になりそうな・・・
    つーか、強い産業が必要なんですよっ!
    何回も書いてるのに(;_;) 
      どうして分かってくれないの〜・・・これでは、悪くなる一方じゃん

 はっきり言って、小学校1ヶの問題なんてどうでもいい(いやあの理事長もなかなかですが。。。)、それより、国会議員は国のために働いて欲しいなぁ。「誰かの欠点を見つけて『辞めさせることが議員の仕事』と思ってる議員ばっかりじゃないか、と思ったりする。
 
※将来負担、日本の借金問題は横に置いたし、突っ込まないでね m(_ _)m
※最近グローバル企業が海外でも儲けられなくなってきているってことも横に置いたし、突っ込まないでね m(_ _)m

|

« 権利がややこしい土地で起こる問題(会話風に) | トップページ | ぎっくり腰、長かった~ »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事