« 老後の健保;任意継続を途中で辞めたいときの裏技 | トップページ | なぜ不景気か?GDPと雇用者報酬で考える »

2017/03/16

権利がややこしい土地で起こる問題(会話風に)

ちょっと前にあった相談。ちなみに、あんまり中身無いです(^_^;)
しかも、ちょっとだけ盛ってるというか登場人物を変えています。

実家に両親とその子ども(2人のうちの一人)が住んでいました。
で、父親が亡くなりました。
 ・・・ここまでだったら普通の相続ね。
でも、その実家の土地は、その前、祖父のもの。

土地の相続にあたって、死んだ人(祖父&父親)はやめて、共有名義で生きている人にしておこうとみんなで相談した。
 →母1/2で、残りを、子どもと死んだ父親の兄弟(つまり叔父さん叔母さん)とに
   (もともと祖父名義だから)

親戚仲は良いらしい。・・・とりあえず、母親はまだ生きているわけだし。

しかしっ、母親が亡くなったらどうなるか?
叔父さん叔母さんも亡くなったら、従兄弟同士で土地を共有して、そこに自分が住んでいる状態になるわけです。・・・そのまま子どもが住んでいたとしたらね。

「売って、現金にしない限り、周り(従兄弟)は何にも言わないとは思うんですけど・・・何か問題ありますか?」、とこんな御相談。

〜〜〜〜〜〜〜

ま、田舎に行くと、ずーっと前の名義の土地に、その家系の長男がずーっと住み続けているパターンはよくあるわけで、今回のは、それが長男じゃなく、母親名義・叔父さん・叔母さん名義→従兄弟名義になるパターン。

「親戚仲を良くしておいて下さいね〜。でも、さらにその子どもとかの代になるとどうなるか分からないから、早めに土地の権利を一本化しておいた方が良いと思いますよ。いきなり『判子代』なんて言う話を持っていくと何かあるのかと怪しまれますから、いくつかあるタイミング、甥や姪の結婚とか、叔父さん家の建て替えとか、お爺さんの33回忌とか、そんなタイミングで『権利を買い取りたい』なんて話を持って行けるように心づもりしておいたら良いと思いますよ。あえて言うと、『相手がお金が欲しいと思っている時』が良いタイミング」

「ずっとこのままだったら問題ありますか?」

「はっきり言うと、問題無い場合も多いですね。だって今までそうだったんでしょ。問題が起こるとすると
 ・親戚仲が悪くなって、カネ寄こせ! なんて言ってくる可能性がゼロではないですね。賃料なり買い取れなり、とか。・・・でもこれは当面大丈夫そう、かな?。

 もし将来問題が起こるとすると、
 ・土地を売りたくなる時!
  つまり、その土地に誰も住まない状態になった時で、死んだ時か、住んでいる人が介護が必要になって引っ越さざるを得なくなった=それを資金にしたい時。
  売ろうと思うとみんなのハンコが必要ですから、ハンコ代じゃなく権利相当分のカネを寄こせとなるかもしれません。
 ・土地を管理しなきゃいけない時!
 空き家になって荒れ放題、とか、草刈りしてよとお隣さんから苦情とか、、、、ま、こんな問題も最近では出てきていますが、ま、これは今回に関しては関係ないかな。

 ・あとあまり関係ないと思いますけど、『太陽光発電で補助金を貰う・リフォーム優遇税制使う』なんて場合のときは、ちょっと困ることがあるかもしれません。自分名義であること、なんていう条件が付く時がありますから。でも土地だけが複雑で建物は大丈夫なんでしょ。」

ま、こんな感じのお話をさせて頂きました♪
=====

(会話風に書くと、だらだらして、返って分かりにくいですかね〜
 ・・・形態を変えたり、文体変えたり、
    いろいろ試行錯誤でトライ中のtakです(^_^;) )

|

« 老後の健保;任意継続を途中で辞めたいときの裏技 | トップページ | なぜ不景気か?GDPと雇用者報酬で考える »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事