« 節分・立春・丸かぶり「大福」 | トップページ | 引きこもりの象さん、2年ぶりに姿あらわす(市民新聞から) »

2017/02/06

そうかセルフメディケーション税制は、特定健診500円でいいのか

医療費控除の特例=セルフメディケーション税制
薬代12000円以上なら医療費控除が使えて税金還付されるという税制。

私みたいな自営業とか年金生活者とか「国保の人」だと、人間ドッグ(←費用約1万円)受けなきゃいけないから、おいそれと使えないじゃん! と思っていたけど、自分で書いておいてなんですが、特定健康診査(←費用500円)でもいいんですね。

以下、過去記事
 ●「医療費控除の特例」、薬代が年12,000円以上なら税金還付! (2017/01/13)
より
~~~~~~
【セルフメディケーション税制の注意点!】

 (1)予防接種や健康診断をきちんと受けている人(領収書や結果通知書添付)
     ・予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチン)
     ・市町村のがん検診(前立腺がん検診のみは除く)
     ・会社の定期健康診断を受診
     ・特定健康診査を受診    ←←←← ★これっ!
     ・人間ドック等の健康診査

 (2)薬は何でも良いというわけではない、指定されている。
   →私の好きな薬で言うと、パブロンは入っている。
    バファリンA(←普通のバファリン)はダメ、でも、バファリンEXはOK
    水虫薬とかアンメルツ・サロンパス系は結構OK

 (3)普通の医療費控除(上の年間10万円を超えた分)とは併用不可 

~~~~~~~

つい昨日まで、サラリーマン、それも定期健診のある大手や中堅企業サラリーマンのための優遇の税制だなぁと思ってたのでした。 m(_ _)m

ちなみに京都市の場合、特定健康診査は
40歳~74歳の国保の人で
  ・問診・身体計測(身長,体重,腹囲,BMI)・診察
  ・血圧測定・血液検査・尿検査
  ・心電図検査 (65歳以上:全員,64歳以下:必要と判断された方)
  ・(眼底検査)

です。

|

« 節分・立春・丸かぶり「大福」 | トップページ | 引きこもりの象さん、2年ぶりに姿あらわす(市民新聞から) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事