« 熟年離婚、10年間で3割増! 定年で捨てられる男たち | トップページ | おっと、今日は誕生日だ♪ »

2016/12/16

とある株!2年で5倍になって、その後半分以下

今日書きたいのは、株式って値動き激しいですよってこと。
こういう株のグラフは、その時々でどんなモノだって出せるのですが、とりあえず、takが気にしていた株。「金庫関係の株」日本アイ・エス・ケイを取り上げました。
(最初に書いておくと、この株、結局、売りも買いも一度としてしていません>私)

7686chart2016
金庫関係の株式はメルマガでもちょこっと取り上げたことがあります。

日銀から「マイナス金利」が唐突に発表されたとき、「預金が目減りするのか?それならタンス預金になる!」と勘違いした人が多くてちょこっと上がりました。

介護保険料が1000万円(夫婦なら2000万円)を越えると、特養やショートステイの料金が上がると勘違いした人たちがタンス預金に回しました。→このとき金庫を買った人も多いはず
(※正確には、今まで収入=年金とかが少なく減免規定で安かった利用料が貯金によって減免されなくなった。「通帳見せてくださいと言われて勘違いする人が続出」。ただ、この規定はこれには、当然、通帳の外であってもタンス預金も入ります。

→ただ、行政が捕捉しにくい点は否めなません。「使っちゃいました」っていっても分からないからね)

で、この株、とりあえず、やはり業績そのものは好調のようです。四季報によると増配期待も出ているようです。

~~~~
金庫専門メーカーってあまりないのですよね~
事務機器メーカーがちょこっとやってるとか、他の経営もしているとか。

金庫人気を別の面からみると、今年も地震災害がいくつかありました。これも一因。
「家はつぶれたけど、金庫のお金は大丈夫♪」と言うひとが身近にいて、それで金庫を買う人も増えている、らしい。

株価の値動きや、経済施策で上がったり下がったりする、典型的な株式の例として見ていただければ嬉しいです。
  ・・・株式やったことのない人ね。
    いや、投信で「2割下がっただけで『大損だ!』と言う人、結構いらっしゃるんです。」

投信・株式・FX、それぞれもそれぞれの中でも、リスク度合いはいろいろあります。
最初は、少額で始めることをオススメしますよ。
 →ことあと儲かって、「なら、もっと注ぎ込めば・・・」で失敗する人も多いけど。

リスク許容度は、その人にもよればその人のタイミングにもよります。
例えば、サラリーマンの使う予定のないまとまったお金、なら、給料がある間は結構リスクが取れる。でも、使う予定がある人=例えば年金生活者=ちょっとずつ取り崩している人、なんてのは、まとまった額は5年・頑張っても10年くらいしか取れません。(←ライフプランのキャッシュフロー表を作ればすぐわかる。)

なのに、経験がないのに2000万円の退職金で一気に株式投資!とか
投信買って「2割下がって大損!」なんて思う人が大勢います。
 ・・・投資教育ってのも人生のどこかで、すべき・教わるべき・勉強するべき、なんだろうな、 とか思います。

~~~

今回、金庫関連株を取り上げましたが、話題になった株って、株式ニュースを見ていると毎日のようにいろいろ出ています。
→ポケモンGOで任天堂とか、ガンの治療薬なら、大型株なら小野薬品とか・小型株ならファーマフーズとか。

こういうのを書き出したらきりがありません。最後は自分の判断力!
好きな分野・得意な分野で、あまり世の中のニュースに踊らされない方が良いと思います。

→基本ね、(前にも書いたけど)ETFで良いと思うよ。
 日経平均連動とかダウ連動とか、REIT連動とか。
(投信は手数料が問題なんだよね~、だから投信→株という人が多いかも。)

|

« 熟年離婚、10年間で3割増! 定年で捨てられる男たち | トップページ | おっと、今日は誕生日だ♪ »

FP-銀行・株」カテゴリの記事