« 株価と為替(ドル・ユーロ)の関係(20年推移) | トップページ | 何が悪かったのか?(;_;) 体が…(雑文) »

2016/11/10

トランプ氏は変えることが出来るか? マスコミは変わることが出来るか?

 トランプショック、日経平均の下げ幅、前日よりも一時1000円超え!

 クリントンさん「なんとか優勢維持」とか、「圧倒的にクリントン勝利」とか、その前には、「トランプさんが絶対勝つわけ無い」とか、「もしトランプさんが勝ったら」とか、いろんな事が言われていましたが・・・・事前予想がどれ程いい加減か
 まるで、イギリスEU離脱の時と同じ。(以下、後述)

Trumpshock  (今朝11/9の日経平均先物は17000円台は回復してます♪ とりあえず)

 オバマ大統領も、We can change、Yes We Canでしたが、結局成果はというとキューバと広島訪問くらいしか思いつきません。
 で、予想に反してトランプ新大統領誕生ということは、それだけ、現在の政治家に不満を持っている層がいっぱいいるってことですね。
 →今までとは違うアメリカが出来るかもしれません。あるいは、
  オバマさんの時のように対して変わらないかもしれません。

 で、日本はこれからどうするか?
 ドゥテルテ大統領を見習って、双方から利益を引き出す外交が必要。しかし、それが日本に出来るかというと、、、捕鯨問題でも地球温暖化パリ協定でも、どっかずれてんだよね。

(例えばこんなことを想定してる。
 中国→アメリカの輸出拡大 かわりに、南沙も尖閣もアメリカは手を引く。
 すると、日本は孤立)

 だから、日中韓融合路線をいくべきかも (←たとえハッタリであったとしても)

※ところで、グラフのようなこんな相場でも「昨日だけ」見れば、一応プラス♪ 昨日だけね、EU離脱から以降で見ちゃダメ(^_^;)、FX売り建てがリスクヘッジした。
 でもまだまだ波乱がありそうですね〜 政策が分かんないし。

== マスコミは世論調査を変えることが出来るか?

 よくインターネットアンケートだと、「パソコンを使える人しか答えないから、若い人に偏る」なんて言われていた。
 しかし、もはや(日本では)、60代が最多だ。今の若者はパソコンではなくスマホを使う。

 アメリカやイギリスのネット状況がどうなのかは知らないけれど、イギリス離脱の時もそうだったし今回の大統領選もそう、世論調査がもはや世論じゃなく、一部の人への調査になっている? そんな風に思ってしまう。電話のRDD無作為調査・出口調査、どれくらい正確なのだろうか?

 マスコミ自身が、「一体、誰に何を伝え、代弁しているのか」、を考える必要がある。というよりも、すでに、「売れてない書籍の一冊みたいなもの」・「あってもなくても、私には関係ない」というものになっている。
 それでも世論調査を発表するならば、もっと世論調査そのものを考え直す必要があるのではないか? なんて思っているわけです。

→今の現代人は、知識や教養や世の中の情報(ニュース)を知りたくて、テレビ・新聞をみているんじゃない! SNSで(仲間内だけや第三者・一般、みんな合わせて)拡散出来るかどうか、そしてその反応がありそうか・なさそうか・“いいね”や“スタンプ”を貰えそうか貰えそうにないか。
 こういうコミュニケーションそのものが一番大事で、これで現代人の日々の生活が成り立っている! と思えば、かなりの部分が納得できる。

 ひょっとすると、テレビや新聞が話題にするニュースよりも、2チャンネルでの盛り上がりの方が情報量が多いかも。
 ・・・マスコミがもはや「公共」ではなくなったってこと。一部の人のサークル活動と一緒。
 現に、「産経」色とか「朝日」色とか、新聞ごとの色がもの凄く際だつ記事が多くなってるし       ↑
    まさしく、新聞部というサークル活動と思えば納得できる。

ちょうどね、「新聞に書いてた」「テレビで言ってた」/「山田君が喋ってた」「中村君が激しく興奮して騒いでた」、、、これらが同列なんですよ、今の時代は。

|

« 株価と為替(ドル・ユーロ)の関係(20年推移) | トップページ | 何が悪かったのか?(;_;) 体が…(雑文) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事