« 住宅ローン;一部繰上の方が全部繰上返済より得になる場合 | トップページ | 誤解が多い年金44年特例、正しい「ゆとり老後」の作り方 »

2016/11/07

【おとなの日本語】古色蒼然・暮色蒼然・・・秋です♪

先週のダイソー(100円ショップ)で買ってきた週刊四字熟語が「暮色蒼然」
余り聞き慣れない言葉ですが、秋を感じさせますね~。

パソコン検索して、【goo辞書】@新明解四字熟語辞典によると、

#暮色蒼然= 夕暮れどきの、徐々にあたりが薄暗くなっていく様子
#古色蒼然= ひどく古びたさま・古めかしく趣のあるさま

私のパソコンでは、「ソウゼン」と打ち込むと真っ先に「騒然」が出てくるのですが、
「蒼然」という言葉! 最近買った電子辞書の英和辞典では英訳しようにも、ありませんっ!
「騒然」ならばnoisyなんて出てくるのですが、蒼然が出てこないっ!
でも雰囲気がとても日本語らしいですよね。美しい日本語ですよね♪・・・【蒼然】

京都のお寺は、よく「わび・さび(←漢字で書くと侘び・寂び)の世界」なんて言いますけど、これも、【蒼然の世界ですね】なんてテレビで言われると、ちょっと上品な感じがするものです。(←一瞬、脳内漢字変換ができない(^^;))

~~~~~

【暮色】=夕暮れの景色

随分前、20年くらい前かなぁ、アラスカでキャンプしたことがあります。夏です。
白夜ではなかったのですが、太陽が高く昇らない代わりになかなか沈まない。
丁度日本の夕方がの1時間が、16時~20時、まで続く感じ。
ずーっと夕方なんです。(←水平線近くを太陽がゆっくり動く)

同じようなことを、オランダに海外留学した大学の教授も言ってました。
たぶん、沖縄の人が北海道に住むと、「夕方が長い!」なんて思うんでしょうね。

だいたい、「暮色(ぼしょく)」なんて言う言葉、あまり使わないです。
夕暮れ時の意味だから、年中使えるとは思うんですが、秋しか使わないような気がします。

季節はだんだんと秋から冬に変わりつつあります。
「ここで一句」なんて出来たら良いんですけどねー、あいにくそっち系の才能は全くありません。m(_ _)m 寒くなっていくので、風邪ひかないようにねー♪

|

« 住宅ローン;一部繰上の方が全部繰上返済より得になる場合 | トップページ | 誤解が多い年金44年特例、正しい「ゆとり老後」の作り方 »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事