« 月(ムーン);「月が綺麗だね」「私まだ死ねない」 | トップページ | ボジョレーヌーボー解禁、らしい »

2016/11/17

無年金者対策;年金受給資格25年→10年に(可決、2017秋から支給)

(全然関係無いこと書いていちゃダメかなぁと思ったので、今日は二つめのアップ♪ 昨日のニュース。)

 本来、消費税10%時に対応するはずだった、
 →年金受給資格(年金支払期間)25年から10年間に短縮する件

 増税に先行して昨日の国会で可決されました。
 来年2017年10月の支給分から対応とのこと。

※厚生年金も国民年金も、25年=300ヶ月払っていなければ一円も貰えなかった。
 ただし、第3号(専業主婦)や若年者の猶予の届けを出している人は、年数に算定。

 ちなみに、国民年金は65歳が支給開始年齢です。(←繰上とか繰下支給とかもあるけど)
〜〜〜〜〜
 今までは、年金支払期間が何ヶ月か足りなくて貰えなかった人にはもの凄い朗報です。

ただ、国民年金の場合、
  現在満額  20歳〜60歳まで40年間払った人=年間78万円 
   (高卒から働いていて42年払った人とかは、その分増える)

  40年間で → 年額78万円だから、
  25年間の人だと → 年額約49万円、
  10年間の人だと → 年額20万円弱、ですね。
  
 むしろ、上に書いた、何ヶ月か足りなくて、国民年金(基礎年金)に加えて、厚生年金も貰えなかった人にとっては嬉しいニュース。
 
 若い頃に働いていた専業主婦で、第三号の届出を忘れていた人とか、ご主人とお店を開いた(自営業)けど、国民年金を払ってなかった、なんて人でも対象者がきっといますね。
〜〜〜〜〜
 数年前から言われていて、「なんで今まで掛かったのか」、という気もしないでもないですけど、とりあえず、良いニュースだと思います。

|

« 月(ムーン);「月が綺麗だね」「私まだ死ねない」 | トップページ | ボジョレーヌーボー解禁、らしい »

FP-年金・老後」カテゴリの記事