« 灯油価格10年推移(2016)、今年は安い! | トップページ | 専業主婦の確定拠出年金はどれくらいメリットがあるか?(実は悩んでる) »

2016/10/24

標準的な食費・食料費(2016)

「私のところ、食費、多いですかね〜?」

まぁ、お客さんからこんなことを聞かれることもあるわけです。

で、つい先日も、乳児と幼児を含む4人家族の方に尋ねられて、
私「月5万円ごえはちょっと多いですかねぇ、もうちょっと頑張って貰えるかな〜」
と答えたのですが、そのとき、具体的な数字を出せなかった。
・・・昔、しっかり調べていたのだけど(^_^;)

というわけで、最新資料を探してみました。
今回の出典はちょっとかわったところ。
平成28年の人事院勧告(←国家公務員ね)の生計費関係調査資料から。
  www.jinji.go.jp/kankoku/h28/h28_top.htm

Shokuhi2016
まぁね、

「実家からお米がやってくる」とか
「夫婦共働き」or「2世帯住まい」
都会と田舎、変な食材は食べさせないとか、有機野菜に限る! とか、
共働きの関係上、外食多し!とかどうしても弁当を買うことが増えるとか、
それぞれの家庭にそれぞれの食文化があるので、まぁ目安程度にどうぞ。

私自身は、極端でない限り、あまり指摘しませんし・・・
 だって、食事ってその人の生活の基本。一方で
「食費削っても好きなもん買うんだ!」ってのもアリだと思ってますし。

〜〜〜〜〜

そういえば、何年か前の冬のこと。

「ほぼ毎日、鍋! いいかげんちょっと飽きてきたので、嫁が食い終わったあとで、自分専用に鍋の味を変えてやる!」

なんていう、楽しげ?な趣味を持っている旦那さんがいた(^_^;)

意外と一粒で二度おいしいバリエーションが楽しめて面白いかも。

ネットで読んだのですが、毎週日曜の昼ご飯だったかな?
レトルトカレーに決めて、その上のトッピングを奇想天外なモノまで含めてアレンジするのが夫婦の遊び、みたいな記事を読んだことがあります。

食べ物で遊んじゃダメですけど、一つの愛情表現?としては良いかもしれません。チャレンジ精神も試せるし。むしろお互いギスギスして
「お昼ご飯は?」「いるの?」
なんて言ってる夫婦よりはよろしいかも。(^_^)

|

« 灯油価格10年推移(2016)、今年は安い! | トップページ | 専業主婦の確定拠出年金はどれくらいメリットがあるか?(実は悩んでる) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事