« 自転車のパンク修理 | トップページ | 夜10時の京都駅にて、、、おせっかい? »

2016/09/02

銀行がサラ金を抜いた(消費者ローン残高)

昨日の日経ニュースから。

# 銀行の消費者向け貸出金残高 昨年3月末時点で、5兆1227億円
# 貸金業者は、5兆1150億円。

銀行の貸し出しといえば、バブルの頃は、中小企業の社長とかに、1億2億3億と簡単に貸していました。料亭女将の事件とかありましたね~どこかの信用金庫がつぶれた事件

その後、低金利になって、【個人向け住宅ローン】に力点をおいて、3000万円とか
そして、近年の【サラ金化】、一口100万円とかですかね。

・・・どんどん小口化(^^;)

銀行窓口における、保険料手数料の開示もニュースになりました。(今月・来月からの銀行が多い)・・・相当あくどく保険料を進めている銀行があると見た(^^;)

====

かつて、公的資金を投入された銀行業界。
なぜ、公的資金が投入されたか? 社会でなくてはならないインフラだから。

銀行とは何をするところか? 低金利で収益力が低下してきている中・ゆうちょ銀行が参入してきてますます競争が激しくなる中、信頼を勝ち取るところはどこか?

人口減少時代だけに、(外から見ている分には)これから面白そうな業界です。

|

« 自転車のパンク修理 | トップページ | 夜10時の京都駅にて、、、おせっかい? »

FP-銀行・株」カテゴリの記事