« 京都市37℃かよ →暑すぎだよ | トップページ | 暑さのお見舞い・季節のご挨拶 »

2016/08/08

大和路を走る自転車乗り(サイクラー)たち

夏休みという幸せな時をお過ごしの方も多いのでしょうか?

病院に行く道すがら、大きなキャリーバックをつけた「サイクラー達」、数組を見掛けました。(暑いのにな→きっと相当なマゾに違いない(^_^;)・・・熱中症、だけじゃなく、交通事故にも気をつけてネ。物騒な車多いし。)

ちょうど、親の入院している病院の近くに、「奈良自転車道」という、何のひねりもない、そのまんま・直球どストライクな名前のサイクリングロードがあります。

名前に恥じないベストコース?!
奈良の都=平城京のど真ん中を突っ切って、最古の木造建築=法隆寺を通るというという、奈良県内ベストの正統派ゴールデン・サイクリング・コース♪ です。
(しかも、病院の近くでみんな、迷ってウロウロする(^_^;)。→余計に目に入る。
それまで川沿いの自転車専用道が、いきなり市内の道路に合流するのでどの道なのかわからなくなるんだよね。秋篠川・九条スポーツセンターの付近。ヤマヤの酒屋のところでみんな迷うんだ。)

で、注目してしまったのはタイヤの両サイドのラックに装備された大きな「キャリーバック」。
これを付けて走っていると言うことは、十中八九、“泊まり輪行(りんこう)”
  〜私も若い頃は、持っていました。〜

いいなぁ、行く当てがあるようなないような、適当な旅ができて。。。うらやましい。
(一泊旅行なんて、もう15年くらい行ってないよ (;_;) そういや、親が元気なうちに一緒に行っておくべきだったか、なんて今ならちょっと思う。)

======
その昔、ユースホステルというのが華やかしきころには、
 日本一周を目指すバイク乗り、とか、
 とりあえず北海道or鹿児島を目指す若者、とか
大勢いましたが、いまはどうなんでしょ。
絶滅危惧種? いや、すでに絶滅?(若者たちよ何処へいった?)

ま、最近の私は旅は全くしておりませんが、旅の思い出は結構もってます。
若さ故の勢いで行った初めての海外旅行がヨーロッパ一人旅だったというのは、今でも強烈な思い出であり、宝物♪
(当時、空港ターミナルで手渡された格安航空券は、他人の名前が印字された航空券だった→今から思うと凄い時代か?)

自転車だと京都市内から海を見に、若狭湾(これは一日で余裕で行ける)と潮岬(こっちは確か3泊くらいしたかな)。
「こんな辺鄙な山の奥の寂れた民宿に泊まる人なんて、渓流釣りの人か山菜採りの特殊な人しかいないだろ」なんて思って宿帳を見ていたら、同期の友人の名前を見つけてビックリしたとか、、、、どうでも良い思い出が一杯あります(^_^;)

※で、これ書きながら、頭の中では
 「うる星やつら」の「星空サイクリング」が鳴ってます。

|

« 京都市37℃かよ →暑すぎだよ | トップページ | 暑さのお見舞い・季節のご挨拶 »

バイク・山・自転車」カテゴリの記事