« 無縁社会では、介護保険の申請・使い方を知らない人が結構いる | トップページ | 冷蔵庫の中身が分からない(^^;) »

2016/08/19

オーキャン、目白押し (日本の将来は大丈夫か?)

オーキャン、分かります?
オープンキャンパスのこと。今や国立大学でもやってます。大学見学会ですな。
もし私に子どもがいれば、この暑い中をものともせずに見に行っているんだろうなぁ、なんて思います。
もう少し涼しい季節なら、親のふりして、今の大学はどんなものなのか、見に行く所です。

で、このポスター! とりあえず一例なのですが、列車に乗ると、一杯いろんな大学の吊り広告が出ていました。
Opencampus
写真は、今や日本一の集客力? を誇る近畿大学の吊り広告です。
列車の中で撮りました。
(JR奈良駅終着した列車で、お客さんがみんな降りた後に撮影)
週刊誌の広告のようなキャッチコピーが並んでます。
少子化の学生獲得大作戦ってとこ?

写真では小さい文字で見えないと思うので真ん中あたりを書き出すとこんな文字が並んでます。

・K-POPで韓国のことばに触れてみよう
・職場の「空気」と法
・今、話題のマイナス金利とは?
・“おもろい社会”の見分け方・創り方
・太陽光エネルギーと太陽電池
・長く住み続けられるまちとは?
・新型インフルエンザの世界的大流行に備えよう
・セカイ系の物語の興隆と変遷
・目玉おやじが目玉になる前の姿を知っているか
・花と昆虫の共生関係を利用して
・美味しい農作物を作ろう!
・再生医療に欠かせない「細胞足場」とは?
・「ロジックIC」を用いて。LEDを光らせよう!
・「童話」から学ぶまちづくりのマネジメント
・スマホから考える日本経済
・いざという時に役立つ商法

=====
私は工学部でどちらかというと半導体物理系の研究室に在籍していましたが、恩師は常々、
「すぐに商売になるような研究は大学の研究じゃない!」と言ってました。それは企業がすればいいと。
私は、学部によらず、これは真理だと思っています。

一方で、FP的視点・経済的観点から考えると、
学生争奪戦の中では、上のような目を惹き付けるポップが必要なのも理解できます。
しかも、近大マグロに近大ナマズ。他にも、近大医学部の病院とか、工学部とか、数ある近畿の大学の中でもこの十年くらいで大きく変わってきたという印象があります。

大学は何をするところか?
 まず、研究 → その成果を実用化 ではなく
 まず、市場要求 → それにあわせた研究
どっちがいいんでしょうか?

====
実はもうひとつ、今の大学教育で気になることがあります。
今年、「研究職」の方からの相談が偶然2件つづきました (@けいはんな学研都市があるからね。奈良と京都の境目くらいの場所)
どちらも詳しくはお聞きしていないものの凄い経歴です。
国公立の大学院→修士・博士課程修了とか、准教授とか。
でね、「任期研究員だと、ローンが組めないんです!」。
   任期がある=非正規ってこと。
(※ちなみに、貸す銀行もある。都市銀は結構厳しい。特に転任直後だとどこでも厳しいかも)

教育は、国にとって最大の投資。リニア新幹線よりも大事。
だけど、正直言うと、レベルの低い大学生を大量生産しても仕方がない。
優秀な人をどれだけ引き上げられるか? だと思う。
なのに、高校授業料無償化とか、薄く広くばらまく政策をしている。
本当に必要なのは、経済的理由で「優秀な学生」が進学を諦めざるを得ない状態をなくすこと。
・・・薄く広くは、ずれてる。

一方で、優秀な研究員が派遣扱い。年収が高くても派遣扱い。
そういえば、ノーベル賞の山中教授も「ここで働いている人のほとんどは非正規です」と言っていたし、STAP細胞騒ぎのOさんも非正規でした。
ポスドク(博士過程終了後)の働き先問題は、今に始まったことじゅないものの、全然進展しない。
→むしろ、有名研究職の人は、「商売順調な自営業扱い」と考える方がいいのかもしれません。

上のオーキャンの広告を見ながら、【大学とは何をするところか?】【日本の将来=学術研究は大丈夫か?】と、モヤモヤした気持ちが残るのです。

|

« 無縁社会では、介護保険の申請・使い方を知らない人が結構いる | トップページ | 冷蔵庫の中身が分からない(^^;) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事