« 海の日・山の日 | トップページ | 大人はズルい、なぜ読書感想文は学生だけなのか? »

2016/07/19

都知事選、一寸先は闇?!(雑文:日本の将来像)

 東京都の人は、イベントが連続してあって楽しいですね♪
   参議院選に、都知事選♪

 で、全然関係ない写真で済みません。
 ちょっと古い、PRESIDENTの雑誌4年分を集めたものです。
  「金持ち家族、貧乏家族」(2007〜2009)
  「お金に困らない生き方」(2010)
 毎回、1万世帯調査、ということで、7月あたまくらいに発売されていました。(最近でも発売されているのかどうかは、知りません。m(_ _)m)
 Presiidents
 以前は毎年買っていたのですが、東日本大震災以降、そんな気分にはならなかったので買うのを止めました。それに、毎年買っても中身がね・・・(^_^;) (プレジデント社さん失礼っ!)

====
 この最後のヤツ、6年前の2010年 7/5号なのですが、この中に政治の話題が出ています。それは「我ら第三極」という題で、
   ・新党改革    外添要一 氏
   ・みんなの党   渡辺喜美 氏
   ・たちあがれ日本 与謝野馨 氏
の皆さんが出ているのです。
 お三人とも「おお〜」というメンバーばかり(ちょっと懐かしかったりするし)。しかも見事に、すべての党が消えちゃったっ!

 外添さんがどうなったかは、皆さんご存じですよね〜。そのために都知事選ですから。で「新党改革」の方は先日の参議院選挙で議席がなくなったので解党すると、荒井代表が表明いたしました。
 「みんなの党」も解党して、渡辺さん自身はおおさか維新の会で、先日、当選いたしました。(→日本維新の会に名前が戻る予定)
 与謝野さんは、喉頭癌でしたっけ、で、引退されました。「たちあがれ日本」は、石原都知事の太陽の党に変わって、維新の会と引っ付いた後、結いの党との連合する際に、バラバラになっちゃいました。次世代の党→日本の心を大切にする党などに変身。
 
 これだけのことが、たった6年間で起こっているのです。\(◎o◎)/! 凄いと思いません? もし当事者だったら、波瀾万丈という言葉がきっと相応しいと思います。(当事者じゃないからテキトーなことを楽しく書いていますけど(^_^;))

 これから6年後どうなっているでしょうか?
 たぶん、40歳の6年後と、70歳の6年後では、同じ6年でもその中身は全然違います。
 6年後とはすなわち、2022年です。東京五輪は終わってますね。どうなっているでしょう?

「日本、いい国ね」で多くの外国人が来ていて、かつ、生活しているかも知れないし、
 逆に、「オリンピックで一杯お金使ちゃったのに、国債暴落してハイパーインフレが起こって、お店にはモノがない。何を買うのも行列」なんてなっているかも知れない。

 金銭的にも順番的にも特養や老人施設に入れない老人が、そこら中でうろうろしているかもしれない。(※2025年には、「65歳以上5人に一人が認知症」との厚労省研究班の推計@2015年1月の読売ニュース)
 迷子の老人を、カタコトの外国人とAI制御のロボット・ドローンが探している風景ができているのかも知れない。(※労働人口はどんどん減少する)

 南シナ海で、タンカー通るには通行料よこせとどこかの国が海上封鎖して、もめているかもしれないし、
 働き方改革が進んで、長時間労働撲滅。しかし同時に給料も削減・年金も削減されて、「時間があるけど金がない」という中で、それでも仲良くやっているかもしれないし、逆に、若者・高齢者間の対立の世界がやってきているかもしれない。

 --------
 個人的には、東京という街が/日本という国が、パラリンピックを機に、人に優しい町に変身したらいいなと思っていたけど(←少々言葉が分からなくても迷わないし、手足が少々不自由でも車椅子でもベビーカーでも楽に移動できる町・生活しやすい町)、どうも、東京五輪では、競技場と道路整備・会場整備にしか関心がないみたい。

====
 ということで、東京都の皆さんが、いい都知事を選ぶ事を祈ってます。東京都の知事は、そこらへんの国会議員よりはるかに大きな権限を持っているのですから。
・・・いやでも、正直いうとね。「東京都民でなくて良かったぁ」と思ってます。
   立候補者は一杯いるけど、選べない。(;_;)

※都知事選が告示されていますが、立候補者のことは、何一つ書かなかったから、これくらいは書いても大丈夫だよね。

|

« 海の日・山の日 | トップページ | 大人はズルい、なぜ読書感想文は学生だけなのか? »

その他の戯れ言」カテゴリの記事