« 夏到来、毛虫も到来 | トップページ | ガソリン7年半ぶりの安値脱出、いよいよ高騰へ?! »

2016/07/04

特養利用料アップ月3万円!2016年は「遺族年金」の人も

時代の一歩先を行くtakです♪ 特養利用料の値上げの話。
(実は前から決まってた、でも知らない人が多すぎる。だって、介護保険は本来3年ごとの見直しだから去年値上げしたのに……ってスルーしている人が多いはず。)


特養利用料は、「本人と世帯の収入」に応じて、3段階に分かれています。
 →主な支出である、部屋代(個室・多床室)と食費がそれぞれ3段階

昨年2015年に、この料金が値上げになりました。
同時に、「収入が少なくても、貯金が1000万円、夫婦で2000万円以上ある人」は、減免がなくなりました。

これによって、去年の夏から、特養利用料 月9万円 → 14万円(概算) になった人が大勢いらっしゃると思います。

【過去記事】
 ●介護負担に貯金1000万の資産要件追加;特養多床型で月3万円アップ
    (2015/04/30)
 ●老健・特養入所者の料金減免、「貯金1000万円」でウソついたらどうなるか?
    (2015/05/28)

 →減免を受けていた人はダブルパンチ!
  で、これにさらにボディブローみたいなのがあったんです。

貯金1000万円の減免措置に加え、今年 2016年8月からは、さらに、「遺族年金80万円以上の人の収入見直し」が追加されます。
 というのは、今まで遺族年金は、収入にカウントされなかった!

対象の人は、今まで3段階のうち、1段階あがります。

どれくらいの影響かというと、例えば、ユニット型準個室に入っている方の負担アップは、

   食 費   7,800円
   部屋代  24,600円  合計 32,400円アップ

(※第2段階→第3段階になることのアップ

 【食費(日額)】 390→650円 >>> +260円×30日=7,800円アップ
 【部屋代】
  ●  多 床 室  370→ 370円  (変更なし)
  ●ユニット型準個室 490→1310円 >>> +820円×30日=24,600円
  ●ユニット型 個室 820→1310円 >>> +490円×30日=14,700円  )

年金自体はまず上がらないし、特養に入っていて段階が変わる人というと、、、、普通なら、株の配当金が増えた人くらいでしょうか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本当に収入が増えて、負担が増えるのならともかく、今までと同じなのに、勝手に「遺族年金もカウントするよ」と言われて負担が増える人にとっては、辛い改正になることと思います。

 結局、減免をどんどん無くする施策・高い方の14万円の方に近づける施策
  ↑
 民間の老人ホーム平均18〜24万円よりは安い。
 しかも、どっちも順番待ちで入れない=老健や病院をたらい回し

 で、やむなく、

  ・サービス付き高齢者住宅(←たいしたサービスはないのが普通)
       (※基本、介護サービスはありませんから)
  ・無認可老人ホーム
    月15万円以下の所も。月9万円とか
  ・家族が介護

  あと、グループホームとか。。。

ってのが、日本の「老後の住まい」の現状であります。

 

|

« 夏到来、毛虫も到来 | トップページ | ガソリン7年半ぶりの安値脱出、いよいよ高騰へ?! »

FP-年金・老後」カテゴリの記事