« ポイント3倍の罠、どれくらい得か計算したことある?(軽い話題) | トップページ | これからの「サ高住」どうなる?歪んできている? »

2016/07/11

アベノミクスの「果実」、説明しますっ!(選挙終わったし)

選挙が終わったので書いてもいいですかね〜
(一応、告示されたので今まで、ガマンしてた)

自民党も公明党も
 「アベノミクスの成果が届かない人に……」とか
 「アベノミクスの果実が○兆円だ」とか
選挙戦で言っていたのがものすんごく、激しく、とても気になっていたのです。

というのは、
「成果があったのか?
 オレの所には回ってきてないぞ? どこ行った?」
 ……こう思っている人が多いはず♪

=====

とりあえず数字を見てみましょう。一応10年分のグラフで揃えました。

野田政権から、安倍政権になったのは、2012.12月。
なので、2012年度の数字を使って良いのかその翌年度の数字を使う方が良いのかちょっと悩むところなのではあるのですが、とりあえず、ざくっと言うと

例えばGDP
Abefruits1
        2012年 → 2016年
   GDP  517兆円   530兆円  +13兆円アップ♪

この数字だと、確かに日本の景気は良くなってます!
でも、税収を見ると
Abefruits2

           2012年 → 2016年
 一般会計税収   43.9兆円  57.6兆円  +13.7兆円アップ
 (うち
   消費税     10.4兆円  17.2兆円  +6.8兆円
   所得税     14.0兆円  18.0兆円  +4.0兆円
   法人税      9.8兆円  12.2兆円  +2.4兆円 )

こちらも同じくらいアップ!

景気の良くなった分の果実はぜーんぶ、税金で吸い上げられました。(^_^)
(※実質GDPアップと税収アップ分を直接比較するのはちょっと違う気もしますが、それくらい税収アップ分の影響は大きいって事が言いたいのです。せめて名目GDPで書くべきだったかな)

その税収アップのうちの半分は消費税アップの結果です。

消費税アップの影響で物価が上がりました。なので、実質賃金は下がってます。

Abefruits3
======
これが正しい現状の日本経済の認識だと思うのですがいかがでしょう?

だから、アベノミクスの果実=税収アップ ということです。皆さんの所にはほとんど届いていなくても当然であります。

まぁねぇ、与党も野党も自分の都合の良いところだけを取り出して、選挙戦を戦ったわけですが、、、、、私自身としては、

「消費税増税しても、そんなに景気を落ち込ませなかった!」
これ、与党のすごい成果だと思いますョ。←散々、景気失速すると言われてたのに。
(※ いや正直言うと、落ち込むと思ってたんだ>オレ)

おかげで、プライマリーバランスは改善しました。でもまだまだプラス(つまり借金を減らすまで)には至っていません。その点では、まだ「道なかば」です。
(→プライマリーバランスのグラフまでかくと長くなりすぎるので割愛します。m(_ _)m)

与党も、「増税しても景気が失速することなく、プライマリーバランス(の悪い状況)は少しは改善ができました。」って素直に言ってくれれば、こちらも素直に一票入れるのに、なんだかなぁという感じ。(だからといって、野党に入れるのもなぁ、、、って感じだったし)

《データの出典》
●内閣府
  ホーム >  統計情報・調査結果 >  国民経済計算(GDP統計) >
   四半期別GDP速報
●財務省
 トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 >
   わが国税制・財政の現状全般 > 一般会計税収の推移
●厚労省
 ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 >
    毎月勤労統計調査(全国調査・地方調査) > 結果の概要

〜〜〜〜〜
与党の言ってた「果実が○兆円あるっ!」→これは、まるっきりウソですね(^_^;)
その分、借金返したというか、借金増えるのを抑えたわけで、
丁度、クレジットカードに終われるサラリーマンに例えるならば、
  月収30万円の人が、
  毎月クレジットも同じくらいかそれ以上(35万円くらい)あって、
  だから、借金が増え続けている。累積赤字は数百万円。
 それが、
  今月は、35万円→25万円ですんだ、10万円分借金増加が減った。

ま、こんなイメージ。まだまだ健全家計にはほど遠い。
  →これを「果実がある!」なんて言わないで欲しかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちなみに、私のお客さん、皆さんレベルが高い人が多い。新聞とか経済雑誌とか良く読んでいらっしゃいます。

 「今の日本の借金は………」 「1000兆越えましたよね」
 「今の日本のGDPは……」 「500兆くらいですよね」

グラフをお見せしなくても答えを知っておられるし、もちろん、グラフとかお見せしてもすんなり理解して頂けます。

 かつて、不良債権に苦しんでいた時に、もの凄く税金を投入して、ハコモノ一杯作って借金増やしたのに、景気を支えられなかった。これを思いかえせば、
 >>>GDPほとんど増えてないのに、増税して、なのに、景気を落ち込ませていない!
もの凄い成果だと思います。
  →(まぁ、良くもないけどね)
  ……ただ、素直じゃない言い方がちょっと気にかかる。

 そして、グローバルな現代では、ヨソの国の経済(ギリシャとかイギリスとか、かつてはアジア通貨危機とかロシア危機とか)なんかにも影響されて、それは、ある意味「運」だったりするわけで。。。。

 さて今週は、イギリスEU離脱問題が再燃して、株価に影響するかどうか? それとも先週末のアメリカ株高を引き継いでくれるか? 
 あるいは、中国の領有権問題が注目をあつめるかも。←確か今週だったよね、国際裁判。

 とりあえず、安定政権であるということは経済にはプラス、だと思います。どれくらいプラスかというと、、、果実はないわけだから、ちょっと頼りない?
 実質賃金が下がっていて景気が良くなるか? というとかなり疑問であったりするわけで。

「道半ば」というより、2合目くらい? 

|

« ポイント3倍の罠、どれくらい得か計算したことある?(軽い話題) | トップページ | これからの「サ高住」どうなる?歪んできている? »

FP総合」カテゴリの記事