« 扶養者増で税金減額! 日本居住の外国人は平均10人扶養 | トップページ | 海の日・山の日 »

2016/07/15

消費税を間違える高校生が4割も(調査結果)

 日銀の関係組織である金融広報中央委員会「知るぽると」というところが「子どものくらしとお金に関する調査」というのを先月末に発表しました。
    www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kodomo/

 この調査にはいろいろな質問があります。
  ・おこづかいとか、お年玉の額とか管理、
  ・ネットでのトラブル経験とか、電子マネー使用経験とか、
  ・アルバイトについてとか、

 詳細は著作権もあるし、そちらをご覧頂くとして、一つだけ、高校生の正答率がとても悪かった設問について、ちょっと衝撃を受けてしまいました。

 消費税の計算に関する設問。  正解がなんと13%しかいない! (;_;)

 ・・・生活に密着しているのに(;_;) ちょっとショック

ショックなのは、間違えたうちの4割の方なのですが、その前に、どんな設問だったかというと・・・

====
<設問(の要約)>
  アナタは、買い物して、請求書を受け取った。
  誤りを発見!
  Tシャツは、3枚ではなく2枚。送料は固定とすると、
   総額はいくらですか?

Denpyou

<高校生の回答>
  12,880円  13.2%  <正解>
  13,040円  44.3%  ←Tシャツ1枚分だけ・消費税分なし
  11,880円  1.6%
  その他の誤答  27.8%

 (その他の誤答28%は、足し算・引き算・8%の掛け算が分からない奴として、この際ムシする。しかし、4割の方は問題。まるっきり勘違いしてる。)

====

 これ、消費税が分かってないんですね〜。
 なぜ分かってないか? 高校生になった気分でちょっと考えてみました。

 消費税導入の歴史は、平成の歴史とほとんど同じ。1989年。つまり、生まれた時にはすでに導入済み。

「な〜んか知らんけど、ちょっと税金取られるんだよね。」

“100円玉を貰って、駄菓子屋(コンビニか?)に行っても、
 100円のものは買えないことが身に付いているという世代”
  ・・・世代というより、30歳くらいまでの若い人はみんなこういう状況で育ったんだ

 で、今まさに、私がそれ!
 消費税5%時代は、品数が一つか二つなら、暗算できましたが、今はダメです。なんか最近、スーパーとかで、「3000円くらいかな」、と思っていても足りない時がよくあります。
 で、これがずーっと続くと、上のように回答できなくなる、、、のか?

 これは由々しき問題です、日本の将来にとってよろしくない!
 何が問題かというと、“子どもに教えられない親が増えていく”ってところ。
  ……そういう親が増殖中なわけだ!

 この消費税の計算は、学校じゃなくできれば家庭で教えて欲しい。(って、指導要領に消費税の計算はあるのか?)

 消費税が10%になると暗算しやすくなるから、正当率が上がるかな? 上がったらいいな。・・・いや、(税金アップは)良くないか。

|

« 扶養者増で税金減額! 日本居住の外国人は平均10人扶養 | トップページ | 海の日・山の日 »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事