« 銃乱射事件で、銃器メーカー株10%アップ、らしい | トップページ | 住民性アップ!京都森林税、始まったし(;_;) »

2016/06/16

夫婦保険(夫婦連生保険)は、積極的には勧めにくい、な

夫婦連生保険、なんて聞いたことありますか?
聞いたことなければ、この際、聞かなかったことにしてください(^^;)
10年くらい前かなぁ、結構いろいろな保険会社が売り込んでいたし、今でも売ってます。

夫婦一体に保険契約する保険です・・・そのまま♪

いろいろな種類の「夫婦連生」があります。被保険者が夫婦それぞれであるのが共通点、でも、その中身は多くのタイプがあります。例えば、、、、
 ・夫が死んだら、妻が死亡保険金を貰って終わるもの。
 ・両方が死んだときにお金を貰って、終わるもの。
 ・夫に対して、妻6割のように保険金が決まっているもの。
 ・これらに、医療保険を付けたもの。

メリットは、それぞれ個別ではいるよりは保険料が安くなる点。
でもデメリット! ライフプランが、設計しにくいんですよ。安価な保険料ほどのメリットがないと思ってる、というのが私の個人的な意見です。(←ひとによるのかもしれないが)
 例えば、
  夫の死亡1000万円+医療保障 入院一日1万円 として、
  妻がこれの6割(死亡600万円+入院一日6000円)、
みたいな保険があったとして、
 夫の死亡時には、保険金が支払われて契約終了! ならば、奥さんの入院保障がなくなっちゃうのです。これは最大のデメリット。

でね、最近、夫婦別居! なんてことが日常茶飯事。
  →離婚・別居・施設入居・片方だけ実家、いろんなパターンが最近はある。

この時、保険請求のための書類がとても集めにくかったり。続柄を証明するものが必要だったり、被保険者と契約者が違っていたり、とか。

まぁ、問題になることは滅多にないでしょう。でも最近の離婚の多さを考えると、滅多にないと言い切って良いかどうかもちょっと疑問。

次のような場合も困ります。両方が認知症で、別々に離れて、別々に成年後見人がたってたりすると、たぶん書類集めが大変。その時に別れて住むことになった特別の事情(感情)が入ったりすると、保険金が簡単に貰えない、なんていう事態になっちゃいます。

~~~~~
夫婦連生は絶対ダメ、なんて言う気はさらさらありません。むしろ、保険料の安さをメリットに感じる人の方が多いと思います。でも、手続きが大変になることもある、と。

→でも、現実、そんな保険証券を見せられて、今更、保険を変えましょう、なんても言えません。(年齢が上がっていたり、持病もっていたりするから)

しかも私の友人は、このパターンで、10年更新型。
途中で初期ガンだったか軽い脳梗塞だったかがわかって治療したので、10年ごとに上がる保険料をガマンするか、いっそ、その分貯蓄にしておくか、ってなことになってます。(←生活にはほとんど支障がないくらいなのが幸い)

|

« 銃乱射事件で、銃器メーカー株10%アップ、らしい | トップページ | 住民性アップ!京都森林税、始まったし(;_;) »

FP-保険」カテゴリの記事