« いつもの目ぐすりの値段差がありすぎる(駄文) | トップページ | イギリス;ジュースに「砂糖税」を導入(2018年~) »

2016/06/22

ネットバンク;ワンタイムパスワードがやってきた

ムシムシ、蒸し蒸し、微妙に暑い京都です、連日30℃~31℃。
いや、温度より湿気が(>_<)。
氷の入ったグラスに付く水滴で湿度が分かります。
(最近、もの凄く氷を消費しているような気がします、はい)

さて、2週間ほど前の、三井住友銀行からのメール。

 「この7月末をもって、
  従来型暗証乱数カード(※)によるインターネット
  バンキングを停止して、ワンタイムパスワードに全面的に変更します」


というメールが来たもんで、申し込んだらすぐに3日ほどで送付されてきました。で、切り替え!

大した操作では無いんですが、慣れない操作というのは間違えないかちょっとドキドキして、面倒なものです。

※)従来型暗証乱数カード 
  イ行2列の数字を入力せよとかいう、数字の列(表)が書かれているカード

写真の上は昔から使っている、ジャパンネット銀行のワンタイムパスワード。
こちらも、長年使っていたのですが、切替え更新時期で新しいやつが先週同じタイミングでやって来た所。
写真の下のやつが今回やって来た三井住友銀行のワンタイムパスワードカード。全体的に緑色の三井住友カラーです。・・・上手いカラーリングだ♪

三井住友では、このカードを使う代わりに、スマホアプリをダウンロードする、と言うのも選べたのですが、カードの方を選びました。(だってスマホだと無くした時とか手にしてないとき取引できないじゃないですか。といいつつ、カードをいつも持ち歩く訳じゃないんですけどね →実はまだスマホ持ってない(^_^;) )

Token

※ジャパンネット銀行は、セキュリティ・トークンと呼んでいて、(たぶん)1分ごとに6桁の数字が変わります。(写真で7桁に見える最初の「1」は、1じゃなくて、“パスワード変わるぞ”の時間タイマーというか、ゲージというか、目盛りになってます。)

====

どっちも新しいのが来ると、「有効にする」という作業が必要なのですのね〜、当然ながら。
指示通りに口座番号から本人確認から指示通りに入力していって、
「はい、新しいのに変わりましたっ!」っていう確認作業。

単純とはいえ、口座が3つもあると面倒です。(←三井住友は2つ口座があるんです。一個はあまり使ってないんですけど、残高照会とかくらいは、したいじゃないですか。)

他の銀行のHPを見に行くと、
みずほ銀行や三菱UFJ銀行もワンタイムパスワードはすでにありますし(希望者のみ)
三菱には、クラウドダイレクトというものある。(画面→番号入力中心。画像で取引するのでセキュリティが高い、、、らしい。よくわからん)
みずほには、取引ごとにメールでパスワードと送ってくるタイプ(メールワンタイム)もあります。

====

で、3つの口座のワンタイムパスワードを、小一時間かかって有効化♪
「ほのかな満足感よりは、な〜んか、非生産的なことに時間使ちゃったなぁ」、
みたいな、そんな残念感の方が大きいのはナゼだろう? (^_^)

とりあえず、三井住友のネットバンキングを使っている方は、来月で変わりますので注意して下さい。
  ・・・こういうのって、締め切り寸前の駆け込みが多いのが普通だし。

====

ところで、ジャパンネット銀行の振込手数料、これ結構安いと思う(最近、調べ回ってないけど)。 
振込金額:            自行宛          他行宛
   3万円未満      54円         172円
   3万円以上      54円         270円

住宅ローンで顧客を抱え込んだ銀行は、サービスポイント制とかランク制にして、それで満足していると見た。

で今、低金利なため、借換競争で、顧客が流出して今後どうしようかと悩んでいる銀行もあると見た。 →銀行さんの仕事も、競争時代の20年間で、おおきく様変わり♪

紙の手形とか、小切手とかどれくらい残っているんでしょう。
(お正月のお賽銭箱に入っているところをみると、まだまだ小切手は健在?)

時代はフィンテック株だ!・・・知らない人はググってね♪(実は私もまだクラウドな感じ)

~~~
(最後の一行を書いて思ったけど、日本語も20年で随分変わってきているわけだ。20年前だとまるっきり通じない(^^) )

|

« いつもの目ぐすりの値段差がありすぎる(駄文) | トップページ | イギリス;ジュースに「砂糖税」を導入(2018年~) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事