« スーパーライフもクレカ導入 | トップページ | 消費税延期で、株・為替チャンス到来? »

2016/05/27

「今月ピンチ!」、リボ払いの罠(利息の計算例)

すでに、朝から蒸し暑いです。もう梅雨の感じ。
朝起きたら、水を一杯→旨い♪ その後野菜ジュースを飲むのがマイブーム。

さて昨日、“スーパーでクレジットカードを使う人が増えてるのかなぁ”、という記事を書いてて思いました。実はリボ払いの人も多いんじゃないかと。
なので久々にリボの計算例をつくってみました。

リボ自体はなるべくならオススメしません。というのは、利息がハンパ無いから。
でも、
 “今からお客さんが来ることになった”とか、
 “急に出かけることになって、”とか、
 “何かが壊れてどうしようもない”とか、
  ・・・みたいなことってあると思うんですよね。
オススメしないけど、使わざるを得ない人も中にはいるんじゃないかと。
(年金生活で、今月は医療費がかさんでとか、あると思うぞ)

ここでの計算例は、リボ払いの定額払いが「月5000円」、として、利息 15%のときの支払いです。

~~~~

◆2万円のお買い物・・・利息合計 646円

◆3万円のお買い物・・・利息合計 1366円

◆5万円のお買い物・・・利息合計 3746円

◆10万円のお買い物・・・利息合計 15782円

最後の10万円なんて、一回の支払額5000円で割れば元本部分で20回分に相当。利息分で3回ちょい、なんてことになる。16%割増で買うなんてちょっともったいなすぎますよね。

最近は残高スライド方式を取る会社も多いですね~
 残高 20万円までは、 月々1万円の支払い
 残高 10万円を割り込めば、月々5千円の支払い

→わざわざ長く借りさせて、利息をふんだくる、という風にも取れる。

====

もし、お子さんとかいらっしゃる方なら、こういうこともしっかり“勉強”させておいてくださいね~。現代人の基礎知識です。

(単に、使ったら損だよ、だけじゃなくってね。きちんと数学的・数字的にね)
     ↑
  こういう家庭も多いと思うし(^^)

|

« スーパーライフもクレカ導入 | トップページ | 消費税延期で、株・為替チャンス到来? »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事