« 「今月ピンチ!」、リボ払いの罠(利息の計算例) | トップページ | 損保のセミナーの中身で悩んでます(;_;) »

2016/05/30

消費税延期で、株・為替チャンス到来?

消費税再延期の話が、ちらほら・ちらほらと。
さて、消費者物価の30年推移です。
消費者物価と消費税は密接な関係があることが一目瞭然♪

Bukka2016   (出典;総務省統計局「消費者物価指数」よりグラフ作成)

このところ、消費税5%→8%の影響がなくなってきて、やっと物価高にも慣れたというところなるのに、これで予定通り消費税をさらに2%あげると、景気はたぶん落ち込みます。
つーか皆さん、「消費税上げるべきじゃない」という人の方が多いですよね~

で、私は、「予定通り上げるけど、きっと復興予算の名目で補正予算の一時的バラマキ」で行くのかと思いきや、どうも延期の方向になっているらしい。。。。参議院選挙があるせいか? 熊本地震の復興? サミットの要請?

物価が上がっても、収入がそれについてくれば良いんです。
でも先週のニュースだと、実質賃金は5年連続でマイナス。

〜〜〜〜

私が最近気にしているのは、不動産価格と契約率。
この前みた、京都市内の不動産情報でも、どうも売れ残りが目立ってきています。
(折角の超低金利なのにね〜
 ・・・近くのマンションも完成したのにまだ売れ残っているし、
  みるみる更地になって完成した戸建て住宅も、毎週オープンハウスしてたのに、最近ではぐるりとロープを張ってるし。)

今年2月のマイナス金利導入でREITに流れた資金が不動産価格を押し上げるかと思いきや、思ったほどじゃない。でも高止まりの傾向で、それは建築費高騰(人件費高騰)のあおり。下げるに下げられない不動産が売れ残りつつある感じ。
 →REITの利回り低下 & 契約率ダウン

ひょっとすると契約率ダウンは、この前の増税時に、需要を取り込んだためにちょっと低迷しているだけなのかもしれません。ちょっと不気味な感じです。でももし、このままいけば、、デフレ再来の可能性もあります。

せっかく、超低金利なのに効果なし? だったら…
土地じゃなく、他のものに資金が流れたら…

 為替が動くのか、
 商品相場が動くのか、
 はたまた、株価が動くのか?

ちょっと不気味な気もするし、チャンスが来ているような気もするし、と言ったところであります。

|

« 「今月ピンチ!」、リボ払いの罠(利息の計算例) | トップページ | 損保のセミナーの中身で悩んでます(;_;) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

FP-銀行・株」カテゴリの記事