« 4月、給料あがった?(春闘の結果はどうでした?) | トップページ | 半年で2割アップ! どこまで上がる東証REIT »

2016/04/26

今年の給付金3種類(低所得者3千円と3万円)京都市は5月~

今年は、高齢者の非課税世帯の人には、3万円の大盤振る舞い♪
(夏に参議院選挙があるからね、っというもっぱらの噂)・・・この話は、下の2、ね)

他にも、高齢じゃない低所得者と、遺族障害基礎年金向けの3種類があります。

====

消費税5%→8%に上がって以降、低所得者向けの救済策という位置づけで毎年給付金が支給されています。例えば、住民税非課税の人に対する給付金なら、
 おととしは、1万円
  昨年は 6000円
  今年は 3000円

(昨年まであった、子ども向けの給付金は無くなりました。児童手当が拡充されたから。

    ↑
 でも、高所得子ども世帯は給付制限ができたので踏んだり蹴ったり。)

3つありますが、どれも一回限りです。申請しないと貰えません。

1<低所得者向け>
 ◆臨時福祉給付金・・・3000円
  (↑昨年6000円、その前は確か1万円だったやつ )
    あれっ? 1世帯1万円+一人5000円だったけ?
    忘れちゃった(^_^;)

   # 下記、2または3と併給可

2<低所得の高齢者向け>
 ◆年金生活者等支援給付金・・・3万円

3<障害・遺族基礎年金受給者向け>
 ◆障害・遺族基礎年金受給者向け給付金・・・3万円

   # 2の高齢者向けの併給は×。

=====
京都市では、上の2については、(つまり高齢者については)、
5月から順次対象者に申請書を郵送するとのこと。

・・・選挙が近いからね♪ ぐずぐずしていると選挙に間に合わない。
大人用語では「すみやかな景気回復を目指すため、可能な限り早く支給する」となっています。

というのは、参議院選挙の予定は、6月末~7月一杯のどれか。
本当なら住民税決定通知が配布される6月以降に合わせて自治体が動けば楽になるのになぁ、と思っている地方公務員さんが大多数。 ←想像です(^^;)

・・・地方自治体の公務員さん、今までだって、介護保険できたし、後期高齢者できたし、マイナンバーできたし、「住民課」の人ってもの凄く仕事量が増えているように思います。でもこんな二度手間になるような仕事していたら、GDP上がらない=日本全体の給料は上がらない=公務員の給料も上がらないって気づいて欲しい。
いや、気づいていても地方が国のすることに文句言っちゃいけないんでしょうが。。。)

〜〜〜〜話がずれました。

この高齢者向け3万円。対象者は1100万人で3〜4000億の予算です。

で、今、現役の保育士は40万人。月8万円の給料をアップさせると、ほぼ同等の4000億円に相当。
  ・・・・まぁ、単年度で見れば、という話ですけどね。

どっちが政策的に良いんでしょうね〜。

とはいえ、落ち込みつつある消費を、直接的に景気づけることにはなりそうです。4000億円のカンフル剤! 少なくとも無駄な工事をしているよりかは遙かにマシ。

|

« 4月、給料あがった?(春闘の結果はどうでした?) | トップページ | 半年で2割アップ! どこまで上がる東証REIT »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事