« 「貴様のアカウント」が凍結されるらしい(迷惑メール) | トップページ | 今日は楽しい、ひなまつり♪ »

2016/03/02

認知症、列車遅延の損害賠償(最高裁判決は、家族の責任なし)

気になっていた裁判の判決、最高裁判決が出ました。
認知症患者(介護4)の人が、目を離した隙に列車事故を起こして、JR東海から損害賠償を請求されていた裁判です。

最高裁は、家族の責任なし!・・・良かったぁ(=^_^=)

【過去記事】
<地裁判決>
  ●列車遅延の損害賠償;認知症でも家族に監督責任720万円 (2013/11/01)
<高裁判決>
  ●認知症、列車遅延の損害賠償(2審判決)720万円から360万円に (2014/05/01)

  (あっちこっち、新聞でもテレビでも報道されていますが、備忘録として)
====

ただし、判決は、その時その時の個別の事情を総合的に判断した結果、ということ。
認知症=いつも責任無し・家族もいつも責任無し、ということではありません。

今回は、
・介護方針を決める同居していない長男が、ずっと見ていられるわけがない←高裁
・通過するとベルが鳴る装置を使っていたが当日は、他の出入り口から出て行った
・同居の妻85歳が、頻繁に夜中にも起こされる中でうたた寝してしまったことに責任があるわけではない。

他にも報道されていない部分もあるのでしょうが、「総合的判断」ということがメインです。
ちなみに、長男の責任を認めると、認知症患者は介護施設などに隔離するしかないじゃないかという、意見も数多くありました。

~~~~

さて今後、困るのは鉄道会社。
ひょっとすると、「いつも裁判で請求しよう」なんて思っていたのかも知れません。で、今回「総合的判断」ですから、もし同様のことが起これば、個別個別で交渉です。(大変そう)

うちの実家の田舎では、田んぼ・畑を通り抜けると、簡単に線路に行ける場所がいくらでもあります。ここをすべて、柵で囲う。。。結局は鉄道運賃に跳ね返るのでしょうがそれはそれで仕方ないですね。

一方で、昨年だったか、「踏切内で右折か左折! 道路だと思った」 なんていう事件もありました。(確か事故にはならなかったと思うけど。阪急のどっかの路線)

・・・だったら、どんどん高架にしていこう♪
  こんな風になる?(すぐには難しそうですね)

|

« 「貴様のアカウント」が凍結されるらしい(迷惑メール) | トップページ | 今日は楽しい、ひなまつり♪ »

FP-年金・老後」カテゴリの記事