« 車が水没! 雑損控除が実際どれくらい使えるか? | トップページ | 世界株安・同じ材料(ニュース)でも、逆の結果だ »

2016/02/13

育休→不倫休→ずっとお休み♪ 議員辞職

京都3区のM議員、渦中の人?
  ・・・・・・私のお隣の選挙区、でも知らなんだ
(育休宣言なんてしていなければ、たぶん今でも知らないと思う)

で、「不倫で議員辞職」のタイトルに、ビクッとしている人が、たぶん10人はいるはず(もっといる?)。
その昔、妾の一人や二人、、、と言っていられたのは半世紀前の話でしょうか。

でも相続の話では、「実は認知した子どもが・・・」
なんて言うのは珍しくなかったりします。そう考えると、世間の目が厳しくなった、ということでしょうか。

つーか最近、芸能界でこっち系の話題が続いてたから?

  不倫相手を実家に連れて行くとか、

  入院中に連れ込むとか、
    ・・・・・・半世紀前にはなかったと思うヨ。

========
「2号さん」、完全に死語でしょうか。
でもって、2号さんの心得と言うものがあったりします。

例えば、旦那さんの誕生日とか記念の日とか、

→まず、本妻さんと過ごして、その後、2号さん、
 2号さんは後回し。

「なんで、私が後回しなのっ!」なんて怒ったりしない。

こういう一歩引くという所も現在では無くなりました。
むしろ「略奪愛」・・・・30年くらい前に流行りましたか?

========
それにしても、生まれた子どもが可哀想ですねー
一生、言われるぞ~
「お前の父さんはなぁ、生まれるときになぁ」って。

で、一番可哀想なのは奥さんか?

(この記事、カテゴリー「離婚」にいれました。今後どうなるか?)

人の道にはずれることは、しちゃいけません。
 ・謝らなきゃいけないようなことは、恥ずかしい
 ・他人に「謝れと迫る」のは、もっと恥ずかしい ←ここ注意ね♪ 最近こういう人が結構いる。

|

« 車が水没! 雑損控除が実際どれくらい使えるか? | トップページ | 世界株安・同じ材料(ニュース)でも、逆の結果だ »

FP-離婚」カテゴリの記事