« 奨学金一括返済で「報奨金」があった(やや過去形) | トップページ | 上海市場4日目でもう2回目のサーキットブレーカー発動 »

2016/01/07

定年引越!老後のマンション(都会へ、編)

昨日、実家から京都に戻ってきて今頃になって、年賀状を見ています(^_^;)
  ・・・出していない人ゴメン! 今から出すからね〜。

で、当然ながら
「息子が今年から大学生です」とか、「社会人です」とかがあるのですが、
中には
「娘二人が結婚して久しぶりの夫婦二人きりです」
なんてのもあったりします。

========

随分昔のことですが、定年退職を機に夫婦二人で、都会の街中の便利なマンションを買って引っ越しされた方がいます。
随分思い切ったことをされるなぁと思ったものです。

本人曰く、
「大きな家はもう必要ない! それより便利な所が良い」
「子どもに世話になるつもりはないから、なおさら便利な所でないとダメ」
「どうせ、将来は一人になるんだし、老後を考えると自動車に乗れなくなると思うし」
「60歳で新築でも、死ぬ時は築40年」
   ・・・(100歳まで生きるつもりだな(^_^;))

========

私、退職金で家を建てる方には、一般的には、否定的な事を言うことが多いです。
「大丈夫ですか? 子どもさんの結婚は? 孫ができるとタダでは済みませんよ?」
「今の家、あと30年住むとしたら、結構リフォームかかると思いますよ」
「自動車、あと何回買い替えます?」などなど。

多くの人は、10年分くらいの生活費は考えられても、
家族構成や住居の変化、すなわち、子どもさんが適齢期なら、新居を構えて、さらに孫が出来ているかも、なんていう10年後を考える人はあまりいません。

でも上のような、マンション買う前から死ぬ時は築40年で、、、なんてことを言われたら返す言葉はありません。

さらにこの方、
「子ども部屋が必要なのは、10年間くらいですよ」
とおっしゃっていたのが印象的でありました。

ちなみにこの方の誤算は、たぶん、その後地価が大きく下がったこと。・・・バブルのピークと比べると随分下がってはいたのですが、それでもまだ高い頃だったんです。(結果論ですが。。。)

でも、夫婦二人のための不動産。だから地価が上がろうが下がろうが関係ありません。そりゃ下がるよりは上がる方が気分的にも数字的にも資産持ちにはなりますが、この方の生活そのものは変わりません。むしろ固定資産税が下がった方が出費が減って嬉しいことかも知れません。

========

最近は、2世帯住宅・3世帯住宅、あるいは、実家の近くに新居、、、、というのが圧倒的に流行っていますが、まあこんな方もいらっしゃるということで。

※逆に、田舎暮らしで、
 「毎月の生活コストを下げる」、という考えの方もいらっしゃいます。
 都会は、何かとお金かかりますしね〜。あと、土地がないとダメ・マンションは嫌、という人も多いですし。

 【定年引越! 老後のマンション(田舎へ、編)】、いつか書けるかなぁ。。。。故郷とか昔住んだ所に引っ越した人はいらっしゃるのですけど、全然知らない田舎に引っ越したお客さん・知り合いは、まだいないんです。m(_ _)m

|

« 奨学金一括返済で「報奨金」があった(やや過去形) | トップページ | 上海市場4日目でもう2回目のサーキットブレーカー発動 »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-年金・老後」カテゴリの記事