« 飼い犬に手をかまれる! 2150万円賠償命令(福岡地裁小倉支部) | トップページ | 寒(さみ)い~、と思ったら雪 »

2016/01/17

親が救急車で運ばれた、らしい

昨日、土曜の夜のことです。実家(母)のお向かいさんから電話がありました。
母が一人でいるときに、倒れてケガをして結構な量の出血らしい。
「今から救急車で病院に連れて行きます」とお向かいさん。

今週末は京都で仕事の予定だったので、頭は完全に仕事モードになってます。
丁度、次のお客さんの仕事の準備をしていた時で、そんなことを急に言われても頭がまったく回転しません。しかも、とりあえず緊急性は少なそうなの感じだったので、そう思ったらなおさら頭が回らない。
 ・・・15年前は、入院先の病院で医師から「心筋梗塞併発しました、今から緊急手術しますっ」だったし

で、今からすぐに出ると実家には帰れる。でも、仕事があるので、翌朝には戻ってこないと行けない。しかも準備ができないし・・・。

うーんどうしよっ。しかも2〜3時間以内に家を出なきゃ終電もなくなる。京都から奈良までタクシーだといくらくらいかかるのだろう。
親は病院泊まりか? すぐ帰らされるのか? 一人で帰れるのか?  イヤその前にどこの病院に搬送されるんだ? 
(あっ、救急車には一人で乗る? お向かいさんやっぱり乗るんだろうな、迷惑かけるなぁ・・・)

もし帰るとしたら、持って出なきゃいけない資料はどれだ? 
  ・・・んっ、もう頭がぜんぜん回らない。

とりあえず、姉が実家に行ってくれました。姉の近くに住む姪っ子夫婦にも迷惑掛けました。というわけで今週はいったりきたりでバタバタしそうです。

あらためて毎日片道2時間以上かけて通勤している人ってすごいなぁと、思ったり。

・・・結局、頭を切って10針、とりあえず、外科的処置のみ、という話。今夕、姉と交代して明日もう一度先生を受診する予定。

|

« 飼い犬に手をかまれる! 2150万円賠償命令(福岡地裁小倉支部) | トップページ | 寒(さみ)い~、と思ったら雪 »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事