« 日経先物19000円割れ、NY原油も低迷→景気が悪化懸念 | トップページ | 京都の紅葉、まだまだ残っているらしい、温暖化の影響? »

2015/12/11

定期預金に利息がない! 株やREITなら4年で2倍!

株式も、REIT(不動産投資信託)も、もっと言えば、いろんな物を組み合わせた投信も、いまや銀行で「買える」時代になりました。

買うんですよ! 預けるんじゃないんですっ!・・・ここが預金と違うところ
元本保証じゃなくて、毎日価値が上がったり下がったりするある種の商品(紙切れ)を買うのが投信=ファンドです。(株も債券ももっと言えば、お札でさえ紙切れだけど・・・)

グラフは日経平均と東証REIT指数の4年推移です。4年で2倍です!
(期間を上手く切り取れば、強気に3年で2倍! と書けなくもないのだけど、一応、正確を期してこう書いておきます)

Kabureit2015
  (日経平均は、週次データより。REITは(最新月を除き)月末終値より。)

元本保証じゃないだけに、退職金すべてをつぎ込んで、投信や株や外貨など、こんな元本保証のないものに投資するのは、絶対に止めてくださいね。リーマンショックのようなことが起こったら取り返しがつきません。余命が若い人と違いますから。

でもっ!
でもですね。訳の分からない「絶対安全で、利回り5%です」みたいな怪しげな詐欺商品よりも絶対に良いと思います。
   ↑
 冷静に考えると怪しげなのに、みんな引っかかるのは何故?
 怪しげなものほど、少額でね。

で、大事なのはどれだけのリスクが取れるか?
株式なら、会社が破綻したら文字通り紙切れになって価値はゼロ(過去、日航株とか。東電も20分の一くらいになった。
リーマンショックの時の株式系投信だと、悪い物で半分になりました。
だから、1000万円のうち、2割の200万円で投信を買ってみる。残り800万円は定期預金。
   成績が良くて、2倍になったら、全体で 1000万円 → 1400万円
      悪くて、半分になったら、全体で 1000万円 →  800万円
自分の取れるリスクが、100万円なのか500万円なのか? こんな風に考えてください。
絶対に、全部つぎ込んで、「オール or ナッシング」 なんてことはしないでね♪

========

定年退職金、すなわち老後だけを取りあげると、ライフプランを作って、いろんな出費を考えると、投資に回せる本当の余裕資金ってあまり無いことが多いです。
というのは、次の3つの老後ライフプランのポイントがあるからです。

  (1)65歳までの生活設計(=無年金・部分年金=再雇用でも給料減期間)を
    どうするか?
  (2)65歳からの生活水準を年金以下に抑えられるか?
     (健保介保・税金・・・・家族が減っても大丈夫か?
      配偶者が亡くなった時に、収入減で苦労する人が増えてます。
      配偶者の介護で苦労する人も増えてます)
  (3)ライフイベントをどれだけ準備するか(自動車・リフォーム・引越・
     介護・墓・子の結婚・孫誕生とかの冠婚葬祭)

こういうのを考えると、定年退職金なんてそんなに余裕が無かったりするのが大多数。逆に個人年金たっぷり、現役中の預金たっぷり、なんて言う人は、運用期間も十分取れるのでリスクも取りやすい。
(※まあ、預金たっぷりの人は、あえて投資に回す必要もなかったり。
  「元本減るのは耐えられない」とか。)

自分の取れるリスクで、考えましょう♪

|

« 日経先物19000円割れ、NY原油も低迷→景気が悪化懸念 | トップページ | 京都の紅葉、まだまだ残っているらしい、温暖化の影響? »

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-銀行・株」カテゴリの記事