« WIN5まさかの万馬券、4億円・・・9/13 | トップページ | 国民年金の後納期間を正確に言える?(2015秋) »

2015/09/15

国勢調査がやってきた(初のネット→用紙)、早速ニセサイトも

「ピンポーン」、先週末の結構な夜中に玄関のベルが鳴って、、、国勢調査がやってきました。案内を配っている人はご苦労様です。乙

  ・・・「乙」、わかりますか? ネットスラングです、おつかれさま~のこと。

今年からインターネットでスマホやPCからも回答可能になりました。
早速私も、ちょろちょろっと回答開始!・・・終わったよ

9/20までにネットで回答しなかった人には、例年(といっても5年ごと)どおり用紙がやってくるようです。(昨日のニュースでは、「早速にせものサイト登場!」と言ってました、気をつけましょう)

この調査、もの凄く大事な統計データになります。
現状の労働状況とか男女比とかはもちろん、例えば、将来の学校建設・統廃合の計画や高齢者施設など都市計画とかにも使います。

5年ごとにどう変化しているかを見るわけですが、結構立ち入ったことも聞かれますので、調査員が中身を見ないかと疑心暗鬼になったりするし、それ以前に、「いつも留守!」で調査票を渡すことすら出来ない人もいるという・・・

==========

もの凄くお金掛けて調査していると思うんだけど、正直言うと面倒この上ない。
せめて、図書カードとかクオカードとか、Tポイントくれるとかなら良いのに。
軽減税率で変な還付するより良いと思うぞ。
(ちなみに、選挙でも投票に行けばTポイントくれるとかになればいいのに、と思ってます)

Kokuseizue

ちょっと古い本です、20年ほど前の「国勢図会」。
ちなみに、図会は「ずえ」と読みます。「ずかい」と読んじゃった人は、この際、辞書登録してください。

私が大学生の頃、最も尊敬していた先生(←在学中に病死、社会学)が、よくこうおっしゃってました。
「統計は、昔のやつと比較するから面白い。だから古い数字も残しておくように」

というわけで、捨てられない本です。もう20年前の本ですね。
   ・・・在学中に買ったやつがもう一冊あったはずなのだが、こちらは行方不明。
    (こっちは思い切って捨てたのか?)
正直、上の本を開くことはめったにありません(^_^;)、むしろ開いた記憶がない!

先生は、「毎回、揃えておくこと良いよ。変化率が分かるから」なんてもおっしゃってましたが、さすがに開かない本を毎回買うほど、社会学に熱心な私ではありません。m(_ _)m先生ゴメン

もっともこれは国勢調査だけでなく、都道府県別農産品とか主要産業とかいろんなデータが出ています。私のグラフ好き・統計数字付きの原点はこのあたりにあるのかも知れません。
単に数字だけでなくその前と後ろを読み取ること。自分なりの評価と判断をすること。これを教わったような気がします。(理系の大学だったからこそ、人文系は変なことをしていてもかまわないという余裕があった、と言えるのかも。)

丁度、総合雑誌とか新聞とかを10回分くらい隅々まで読んだ上で、自分の興味ある分野を「新発見」するみたいな、そんな感じ。。。。。今の学生(当時もだけど)、こういう経験はあまりしないんだろうなぁ。

結構、「新発見」は面白いし、何かしら賢くなった気がするんだけどね。←自己満足♪

|

« WIN5まさかの万馬券、4億円・・・9/13 | トップページ | 国民年金の後納期間を正確に言える?(2015秋) »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事