« 国勢調査がやってきた(初のネット→用紙)、早速ニセサイトも | トップページ | 街コンはどこ行った? →少子化問題 »

2015/09/16

国民年金の後納期間を正確に言える?(2015秋)

朝夕は随分涼しくなりました♪ でも、寒暖の差が激しすぎ、半袖で寝ていたら、夜寒くて慌てて窓を閉めたり長袖を出してきたり。

さすがに昼間はまだまだ暑いですが、早朝や夕方のウォーキングやランニングも気分がいいです、、、ウソです、運動してません。正確にいうと、「気分が良さそうな感じ」。
完璧に最近、運動不足です(^_^;)

=====

さて、今日の話題は、CFPの私が聞いちゃいけないことかもしれません。m(_ _)m

実は今、「国民年金の後納」が何年分できるか分からないのです。
すなわち、未納だった国民年金をどれくらいさかのぼって払えるか?

  ・本来は2年分のはずなのだけど、
  ・今時限的な、「年金確保支援法」で10年分さかのぼれる
   でもこれ、この2015年9月、今月で切れる。

来月からは2年分に戻るの? っと分からないのです。

==== これ実は消費増税と絡んでいます。

元々、この秋2015年10月には消費税が10%になる予定でした。
これにあわせて、

  (1)国民年金の受給資格最低25年→10年に短縮されるはずでした。
  (2)「年金確保支援法」で年金を10年分さかのぼれるようにしました。
    (特例10年分後納制度)

ここまではつじつまが合う!
額は少ないながらも無年金の人はずっと減る、ということだったのですが、ご存じのように消費税10%は1年半延期され、しかも先週からは軽減税率の話(とマイナンバーと組み合わせるみたいな話)が出ています。
  →軽減税率が実施されないなら10%はあり得ない、同時だ!と公明党も
   自民党の一部も言っているから、軽減税率が実施できなければ
   10%再延期があるかも、みたいな・・・・想像しすぎかな?

消費税10%は1年半延期されましたが、上の(1)(2)は放ったらかし。
というか、(1)は早々に10%時ですと表明したのはいいのですが、(2)がね、、、、一時は、これも消費税にあわせて延長しようという話があったのですが法案が流れました。

「今、10年分払えば、ちょっとだけどこれからずっと年金がもらえる!」という救済策。でも、放ったらかしなのです。・・・予定が狂って困っている人も大勢いるはずだ!

で、話がややこしいのが、後納2年間は短いだろ! というわけで、本来なら、今月で切れる「特例の10年間後納OK」が終わったら、「2年後納→5年間後納OKにしましょうよ」という法案があったのです。
  ・・・・この法案、流れたよね、ねっ、ねっ ← ここがはっきりしない。

流れたってことは、2年に戻るはず、というのが私の理解なのですが。(;_;)

=========

で、なんでこんな中途半端な記事を書いたかっていうと、
この9月で特例後納10年が切れるからどうなるのかって、年金機構のHPで調べようとしたのです。でも、年金機構の後納関係のページがすべて消されています。

今、年金機構は、情報流出問題でそれどころではない?
  ・・・こんなんで良いのか年金機構。  (#`Д´)ノ怒

それとも今、正に国会で「2年後納→5年間後納OK法案」が審議されているのかも知れません。

(労働者派遣法もギリギリだったもんね。民主政権時代の法案のままなら、この9月で派遣打ち切りか直接雇用かだったんだけど。つい先日すったもんだの末に通ったし)

=========

ちなみに、今、国民年金は、40年間満額を払えば年額約78万円。
一度も払っていない人が、10年分払えば、(×10/40)で、年金額は約20万円です。
(気になる保険料は、どの10年分かが人によって(年代によって)違うので一概に言えませんが、現在の保険料は1年間で約20万円です)。
・・・ま、単純には、10年分払って10年生きれば元が取れるみたいな。
   →損得より年金は、「将来の安心を取るんですよ♪」
=========

10月以降の後納可能期間が分かる人がいたら教えてもらえたらうれしいなぁ。

2年・5年? それ以外?

ついでに書くと、未納分を払うのが「後納」。期限が来ていない分を先に払うのが「前納」。
免除されていた期間(法定免除や学生猶予)を払うのが「追納」。
 追納は、10年間だったと思うのだけどこっちも記憶がちょっと怪しいかも。

|

« 国勢調査がやってきた(初のネット→用紙)、早速ニセサイトも | トップページ | 街コンはどこ行った? →少子化問題 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事