« 日経平均先物2万円割れ | トップページ | 青少年育成条例は機能しているのだろうか? »

2015/08/21

間違い電話とアドレス帳(雑文)

昨日の京都は、ほぼ一日中、雨でした。
気温が28℃ともなると暑さはさすがにちょっと楽。
でも、すっかり夏バテなのか、食欲ないし胃か背中か分からないけどチクチク痛いし、肩こりだし、目がショボショボするし、、、、パソコンのしすぎ?

前の夜あまり寝てなかったもので、ちょっとおやつ食べたら、眠くて眠くて、昼寝でもしようかなぁ、とけだるく思っていたら2m先に置いてある携帯電話が鳴りました。
表示を見れば、電話番号=登録してある知り合いじゃない!

    06で始まる番号だ! 大阪? 誰だ?
    番号全体を見ると末尾が「0119」。

    うわぁ、消防署から? 何?

慌てて取ろうとしたら、携帯を落としてしまって、拾ったら切れてた。
  →→→ ここまでで約3秒

切れたのか、落としたから切れたのか、わからない。どうする?
0119って確か消防署だけだったよなあ。今、こんなイタズラとかあるのか?
即座に、パソコンで電話番号をググってみたら、やっぱり●▲消防署。

とりあえず、「着信あり」からリダイアル。
同時に、●▲付近の知り合いの顔を思い出す。
事故? 火事? いや、でもオレの携帯にかかってくるわけない、とか

  →→→ ここまでで、約15秒
  (さっきまでのけだるさとは、全然違う、頭の回転の速さと体の動き。
   2倍速モードを超えて4倍速モードになってる)

「今、電話頂いたようなんですけど〜」
ちょっと間があって、別の人に変わった。
「済みません、申しわけありませんでした、、、、、、
 080と090間違えてしまいまして、、、、、、、、、、、、、、」
  (結構長かった)

いや、そこまで謝ってもらわなくても…「間違えちゃいました」だけでいいんですけど、って感じ。

========

昔は、電話番号を10ヶも20ヶも覚えている凄い人がいましたね〜
私は覚えられない人なので、アドレス帳に一杯書き込んでいたものです。
でも、今やアドレス帳は電話機の中。ちなみに、住所録もパソコンの中。
よくよく考えれば電気がなければ、見られない。

大体、昔使っていた住所録なんてどこ行ったか分かりません。
当時、「これだけは」って引越のたびに持ち歩いていたのに。日頃使う分は、別に書き写して持ち歩いていたのに。
 → どっぷり携帯社会に浸かってますね。これもひとつの平和ボケ?
    あっちこっちで避難を余儀なくされている人が一杯いるのに

星新一の本に(←この前、本屋で“夏の一冊”みたいなキャンペーンで見た)
「電気がない日」「警察が休みの日」「保険が無い日」こんな日があって、日頃こういう存在がある事の有り難さを思い起こしましょうというショートショートを思い出しました。
星新一は結構好きで、たぶん中学・高校生くらいの頃かなりの冊数を読んだのだけど超短編ばかりなのであまり記憶に残ってません。
 ・・・老後の楽しみで、もう一度読み返えしたい本
    ショートショートで難しくないし、楽しいし。
    でもその頃、目がショボショボしてる?

|

« 日経平均先物2万円割れ | トップページ | 青少年育成条例は機能しているのだろうか? »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事