« 間違い電話とアドレス帳(雑文) | トップページ | 8月ほぼ最後の週になりました »

2015/08/23

青少年育成条例は機能しているのだろうか?

また、悲しい事件です、中一男女殺傷事件@高槻・柏原。

夜中に子供たちがうろうろ・・・ゲンダイの風景では珍しくありません。

  21時頃に買い物している家族連れなんて一杯いるし、
  夜中に家族連れのカラオケとか居酒屋とかも一杯いるし、
  大体、深夜にファミレスでたむろってる&宿題している高校生なんかも全然珍しくないし。

  塾帰りの中学生がコンビニで、「おつかれ~」と、解散してたり、もう日常の風景。

=========(一応、書いておきます。青少年育成条例) 

青少年育成条例(大阪の場合)

# 第二十五条 保護者は、通勤又は通学その他正当な理由がある
#         場合を除き、次の各号に掲げる者の区分に応じ、
#         当該各号に定める時間に青少年を外出させないように
#         努めなければならない。

 

#      ・16歳未満の者 午後8時から翌日の午前4時まで
#      ・16歳以上18歳未満の者 午後11時から翌日の午前4時まで

こんな条例を作ったところで&作んなきゃいけないってのも何だし、それを守らないというか、存在すら知らない親もいるんだし、、、、。

昔は、エロ本(有害図書)と煙草とゲームセンターを“それなりに”遠ざけておけば良かった。ナイフ(有害玩具)も含めて。

今ではコンビニ行くと、コロコロコミックの横にそんな雑誌があるわけで・・・一応、線引きで区別されてはいるが
  orz 5歳の子どもでも目に入る。

しかし、やっぱり入り口は、「スマホ・携帯電話」な気がする。パンドラの箱ならぬ、パンドラの門。無限の入り口を無防備に青少年に与えてしまったんじゃないかと。
(有害サイトブロックがどこまで有効なのか、誰か教えて欲しい。)

====子どもたちは常に大人の上をいきます。
(例え、携帯・スマホが無かっても)

  「▽◇の電子辞書なら、無線LANがついてるよ」
  「ゲーム機の、○△アプリの中でメッセージ出せるよ」
  「オンラインゲームの中で、メッセージやりとりして、情報交換しよ!」 
  「テレビがLANに繋がってる? だったら、これをつないだら・・・」

なんて会話を子どもたちがしているのです。

だから、そのうち小学生自身が、
  「○△の株は、将来性が有望。◇△は配当が高いから年金代わりになる」
なんて言う、やりとりを始めるのも、もうすぐですね。(^^;) 子供版NISAもあるし。

(最後の株の話、強引でしたね m(_ _)m ゴメンナサイ
 でも、あながち、間違っていないとも思ってます)

子どもたちを健全に育成することより、どうやって守るのか・防衛手段をどう教えるのか、こちらの方が試されてますね、はい。(虐待系もそうだけそど)

|

« 間違い電話とアドレス帳(雑文) | トップページ | 8月ほぼ最後の週になりました »

ニュース」カテゴリの記事