« 【注意報】怪しい投資のネット広告! | トップページ | 介護保険、負担が増えた?!(2015) »

2015/08/19

教育費と税金;税金の作文で困ってませんか?(中高生)

こんなことを書いてくれるFPなんて、まずいない! と自画自賛のtakです。いや毎年この季節になると、8月お盆明けから月末の2週間限定で、「教育費と税金」という検索がめちゃくちゃ増えるんです。

==========

まず、教育費に関するデータ。

東京都の公立学校の児童・生徒1人当たりの教育費
(教科書ほか学校建設費、備品、教員給料を頭割りしたもの)

             <平成23年度、1年間で>
    小学生    923,000円  (約  92万円)
    中学生  1,275,000円  (約 128万円)
    高校生  1,074,000円  (約 107万円)

   小学生×6年間
   中学生×3年間を合計すると、なんと 936万円!!

義務教育に、子供1人当たり1000万円の税金が投入されている、らしい。

==========

国税庁のHPで、下記資料が載っています。(上の数字は東京都の抜粋)

 ●小学生向け
  千葉県 平成26年度版「わたしたちのくらしと税 -税金のはなし-」
   東京都 平成26年度版「税金のはなし -わたしたちのくらしと税-」
   神奈川県 平成26年度版「わたしたちのくらしと税」
   山梨県 平成26年度版「わたしたちのくらしと税 -税金のはなし-」

 ●中学生向け
    千葉県 平成26年度版「わたしたちの生活と税」
    東京都 平成26年度版「わたしたちの生活と税 -国民生活と財政-」
    神奈川県 平成26年度版「わたしたちの生活と税」
    山梨県 平成26年度版「わたしたちの生活と税」

==========
さらにね、国税庁のHPを見ると、

    平成27年度 中学生の「税についての作文」募集開始
    平成27年度「税に関する高校生の作文」募集

となっています。どちらも、9/4締め切り。(毎年の恒例行事です)

でもって、学校から 「作文しましょう♪」
 なんていう夏休みの宿題が出るわけですな。

学校も、税金が投入されているから、国税庁のご機嫌を取りたいわけ。(←こんな事書いて良いのか?>オレ)

まあ、公務員さんは、どこか上の方から「作文よろしくね」と言われたら、無視できないわけです、財布握られてるんだから。(※本当に握っているのは国税庁じゃなく財務省だけどね)

 → で、その結果、夏休みの宿題になると言う。
    子供たちは良い迷惑です、、、、なんて書いちゃいけませんね。
    想像だけど、絶対あってるに違いない(^^;)
  (何度も書いていますが、私、40歳過ぎてから「税金をもっと
   勉強しておけば良かった」と後悔してますから、はい。)

ところで、過去の数年分の受賞者の作文もHPに乗っています。
参考にしたい人は見てみたら良いでしょう。(・・・コピペで作ったらダメだからね)

 国税庁HP>税の学習コーナー>税の作文(中学生・高校生)
  www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/gakushu/sakubun/index.htm
   ↑
  小文字に変えること

|

« 【注意報】怪しい投資のネット広告! | トップページ | 介護保険、負担が増えた?!(2015) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事