« がーん! 再び実質賃金マイナスへ(急落) | トップページ | その格好は反則!目のやり場が…(若い女性、列車にて) »

2015/08/13

「夢をかなえる」作文コンクール、最優秀賞は5万円(小学生対象)

夏休みも中盤。あちこちで、真っ黒に日焼けしたスポーツ中高生を見かけます。
この前も夕方に、とあるJRの駅前から発車するバスに乗っていました。

駅が始発なので出発まで数分間あります。
バスに乗りこんで、外を見ていた時のこと。駅前にマイクロバスが入ってきました。

バスの横にはどこかの少年サッカーチームの名前が書いてあります。
乗っている集団が当然ながら、小中学生らしき真っ黒に日焼けした子供達なのですが、子どもたちばかりのバスの車内なんて、もう騒ぎまくりなんて気がしません?
違いました。
みんながみーんな、車内に催眠ガスが撒かれたかのように、
“ぐた〜”と眠りこけてました。もう座席から落ちそうな子どもいる。

たぶん、朝から試合とか遠征があったみたい、です。いやホントに寝相?が見事でした。

Soccer      (写真素材「具満タン」より)

======

サッカーでも、少年野球でもその他のスポーツでもそうですが、
親としてはお金がかかりますよね〜。
教育費以外のお金。でも親としては、「将来の芽を摘んじゃいけない」と何でもかんでも経験させたり習いに行かせたり。。。。うーんこの辺りのお金は、本当の正解なんて永遠にありませんね。
ただ言える事は、お金は有限だってこと。時間も有限だって事。
→ ライフプラン表を作っていると、いつも感じます。
  それをどうやって最大限有効利用できるか?! これで、その人の人生は上手くいく。

例えば、中学生の子供が
「○○になりたい、そのためには、△△の勉強(練習)をして・・・」
と思っても、大学までには6年間、卒業して社会人になるまでには10年ほどしかないわけで、さらに、
「□□関係の会社に行って、▽▽の仕事で活躍する!」となると、40歳までなんてあっという間。これに、恋愛して、子供作って・・・・なんて加えていたら人生なんて短い短い。
だからこそ、有限な時間とお金を、どう上手く使うかってのが、大事。

(>>> な〜んて、大それたことを言ってみた(^_^;)
     自分自身が出来ているかと言われると果てしなく自信がありません。
     でも、とりあえず大言壮語でも書いてみれば感じてくれる人もいる
     だろうしね〜)

======

今、日本FP協会では、表題の「夢をかなえる作文コンクール」、というものを募集しています。原稿用紙2枚(800字以内)。最優秀賞は5万円の図書カード。締め切りは10/31。
対象は小学生高学年の部と、低中学年の部。

上に書いたような、「○○になりたい」を実現するにはどうすればいいかを子供の視点で、自分で考えてみましょうという作文コンクールです。

|

« がーん! 再び実質賃金マイナスへ(急落) | トップページ | その格好は反則!目のやり場が…(若い女性、列車にて) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事