« 低金利泣かせ、「百貨店友の会」がお得(8.3%) | トップページ | 公選法改正18歳〜;出産お祝い金20万円や100万円が出る街もあるぞ »

2015/06/11

定年ローン破綻!バブル期不動産と退職金減額のダブルパンチ

週刊誌みたいな見出しですね、テキトーにつけました。m(_ _)m

地価の高かった頃、平成5年くらいの家購入。
当時、年齢35歳。頭金が少なかったので、返済完了は70歳。

あれから22年。平成27年。年齢は57歳。あと3年で定年だ!
しかし残債が・・・予想外の退職金減額、いや、転籍出向があったのだ~

==>> こういう人、結構多いと思うんですよね~

しかも、高い金利のまま借り換えていない人とか(病気で団信に入れず借り換えられなかったとか)、元金・残債残りまくり。

定年になって、収入が減ったとたんに返済できずローン破綻。

社会問題になるほど多くはないとは思うのですが、無視できないくらいの数がいるはず。

なんとかローン破綻を避けられたとしても、その後の老後資金がない!
老後破綻予備軍ですね。 相当いると思います。

2極化する地価動向において、郊外住宅地のさらなる地価下落要因になりうる、とまで思っています。

   退職金で、マイナス1000万円の当てが外れ、
   不動産価値で、マイナス1000万円の当てが外れたのなら、

 2000万円分のライフプラン見直しが必要なわけです。
   ↑
  ざくっと、子ども一人分♪ これを「大変と感じるか」 「大したことねーな、
  と感じるか」は人それぞれであります。

|

« 低金利泣かせ、「百貨店友の会」がお得(8.3%) | トップページ | 公選法改正18歳〜;出産お祝い金20万円や100万円が出る街もあるぞ »

FP-不動産・ローン」カテゴリの記事

FP-年金・老後」カテゴリの記事

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事