« ホンダの新バイクは、2190万円 \(◎o◎)/ | トップページ | 海外M&Aする会社にまで、法人税減税する必要あるのか? »

2015/06/17

どこまで円安進む?アメリカ利上げ前。「為替5年推移(2015)」

久々に、円ドルチャートです。
経済ニュースでは、FRBのFOMCで、アメリカの利上げがいつか? なんてのが、最近毎日やってます。「年内、9月以降、年末くらい」、いろいろ噂されています。

先週は「これ以上の円安は・・・」なんていうどこかの総裁の発言も流れていました。でもってそれらを先取りするかのごとく、円ドル相場が乱高下しています。
~~~~

そういう短期的な話じゃなくて、5年ほどのチャート推移です。
元々、アベノミクス以降、日銀金融緩和で随分円安になりました。
1ドル 70円台から今123円くらい。

《円ドル為替相場の5年推移》

 出典は、日銀の統計データ「東京市場 ドル・円 スポット」月中最安値と月中最高値から。
Yenndollar2015

 先月からこの春(消費税から1年前後での)決算発表がわんさか出ておりますが、これだけ為替が動くと、企業(グローバル企業)の決算業績も、うかつに信用できませんね。同じ1万ドルの儲けでも、どの時期で計上するかで、70万円なったり123万円になったりします。

 でもって、これからまだ円安が進むのなら、「まだ日本に送金しない方がいいなあ」。
「いやいや、日本に送金なんかせずに、ドルのまま、アメリカの会社買っちゃおう。為替リスクわざわざ取る事ないじゃん」

 こんな風に考える経営者もいるわけで、そんな企業が増えてます。(・・・海外M&Aが増えている理由は、それだけが原因ではありませんが)

======

 日本に送金されないと、回り回って困るのは庶民です。特に中小企業。日本にお金が回らない。
 新産業が発展せずに、労働人口移動も起こらないなら、一部の人だけが儲かって、枠からはずれた大多数の日本人はみんな困ります。

 さてどうしましょうか?(明日に続きます。明日の題名は「海外M&Aする会社にまで、法人税減税する必要あるのか?」)

とりあえず、今日は円ドル相場の5年推移のデータのみ、ということで。。。。

|

« ホンダの新バイクは、2190万円 \(◎o◎)/ | トップページ | 海外M&Aする会社にまで、法人税減税する必要あるのか? »

FP-銀行・株」カテゴリの記事