« 携帯料金の決済(ブラックの話題);新入生は要注意♪ | トップページ | リビングニーズ(余命6ヶ月)で受け取った保険金、この税金は? »

2015/04/15

死亡保険金を「高度障害」で受け取ったときの税金は?

死亡保険金の税金の話!
FPの試験ではよく出題される問題ですね。

死亡時に受け取る保険金は、契約形態によって
「相続税・所得税・贈与税」とそれぞれ違う!

 契約者 被保険者  受取人 税金の種類 

  夫     夫     妻   相続税
  夫     妻     夫   所得税
  夫     妻     子   贈与税

FPの勉強をした人は「AABパターンとか、ABCパターン」とかで覚えたと思います。

ま、実務的には、夫が入っていたけど離婚した元妻が受取人、ってのが一番やっかいかな?(AABで相続税だと思っていたのが贈与税になっちゃうから。2000万円の保険金に贈与税700万円って具合)
あとFP的には、相続時の500万円控除ってのもよく話題になります。

~~~~
それはさておき、本題です。

死亡保険が支払われる時というのは、死亡時以外にもあります。
ほとんど保険には、「死亡した場合または所定の高度障害状態に該当したとき」というのが保険金を支払う時、に含まれています。例えば、両目失明だとこれに該当します(←個々には保険約款で確かめてください)

こんな時に、受け取った死亡保険金(相当額)=高度障害保険金に税金はかかるか?

========
これ、答えられます? 
死んでないから相続税は関係ないというのは即答できるとして他は?
 ・・・答えを先に書くと、基本、かかりません。

 ・身体の傷害を原因として支払を受けるもの
 かつ、
 ・配偶者・直系血族・生計を一にする親族 が受け取るもの

なら、所得税も贈与税もかかりません。

同様のことが、医療保険でも言えます。
医療保険にいくつも入っていて、長期入院して多額の保険金を貰う、
日額 5万円×180日=900万円
なんて場合でもありますが、これも同様に、税金かかりません。
   ↑
  毒入りカレー事件とか他にもいろいろありましたが
  こういうやつは事件性のチェックが厳しくなっている、
  とは書いておきますね♪(実際、保険会社が支払いを
  留保しているとか、そのための裁判をしているとか、
  割とある)

さて、明日は、「リビングニーズ(余命6ヶ月)で受け取った保険金、この税金は?」
   答えられますか?
========
ここまで書くとあとはどうでも良いことですが、
「所得税の医療費控除」(領収書を集めて普通は年間10万円を越えたら税金が安くなるやつね。) これとの関係で言うと、保険金で補填された分は当該の治療分については差し引かなきゃいけません。「医療費のうち補填された分をのぞく」っていうのに該当します。

|

« 携帯料金の決済(ブラックの話題);新入生は要注意♪ | トップページ | リビングニーズ(余命6ヶ月)で受け取った保険金、この税金は? »

FP-保険」カテゴリの記事