« 貿易収支が2年9カ月ぶりに黒字! 今後の日本は? | トップページ | 健保組合(大企業)の料率、平均9%に »

2015/04/24

今年は、、、、国勢調査と大規模修繕

今年は、、、
  国勢調査の年です。5年に一回の恒例行事。毎回、
  ・“調査票が(他人に)見られるんじゃないか?”とか、
  ・調査員が集められなくて(書いてもらえなくてor不在ばかりで)大変だとか、
  ・単純に、書くのめんどくさいやとか

物議を醸す国勢調査がある年です。

 一応建前的に書いておきますと、人口や世帯構成や収入分布やその他もろもろ、日本のこれからの施策の基礎となる重要な数字になるのが、国勢調査です。とっても大事です。
 とっても大事なのですが、昔、人口を水増ししていたとか、集められなかった分を適当に代書して辻褄あわせてたとかで、処分されていた公務員・総務省から注意を受けた自治体もいくつかありました。

==========

今年は、、、うちのマンションの大規模修繕の年です。
     (他の人にはどーでもいい話ですねm(_ _)m)
  足場組んで、外壁を直したりバルコニーを綺麗にしたり。
  この前管理組合の総会資料を見たら、約40戸のマンションで、総額3000万円ちょい。
  一軒あたり、80万円くらいのリフォームです。もちろん、毎月払っている修繕積立金
  から出します。

 最近、スラムマンションが増えてます。
 空室やオーナー行方不明、そもそも管理組合が機能していない、だから、何かが壊れてもそのまま。大阪下町街を列車から見ると、そんな状態になっているであろうマンションがちらほら見えます。

 バブルの頃、豪華マンションを売りに噴水まで付けたけど、管理費(電気代とか清掃代とか)がもったいないから組合決議で止めました。なんていうのは良く聞いた話。そう言う点では、最近のマンションは生活重視で良い意味でこなれてきた感じがします。

==========

 いまだに、どんどんマンションが出来ているんですが、「空き屋問題」と騒がれるように、国交省は、その昔の、安全で住みよい住環境を大量に供給する(市営・県営住宅整備とか、住宅都市整備公団とか←いまはURでいいのか?)政策から、規模縮小の政策に変わりつつあります。人口減少時代だからです。

 こういう政策を考えるときに、どんな人口移動・世帯移動が起こっているかを5年ごとに調査するのが、国勢調査・・・だからとっても大事。

---- はぁ、なんとかまとまった。
   実は書き始めたのは良いけど、どうやって終わろうか
   30秒ほど悩んでしまったのでしたm(_ _)m )

|

« 貿易収支が2年9カ月ぶりに黒字! 今後の日本は? | トップページ | 健保組合(大企業)の料率、平均9%に »

もったり日常・あっさり日常」カテゴリの記事