« 死亡保険金を「高度障害」で受け取ったときの税金は? | トップページ | 離婚がらみの相談は厳しいなぁ、と悟った話 »

2015/04/16

リビングニーズ(余命6ヶ月)で受け取った保険金、この税金は?

死亡保険金の税金の話というと、AABパターン(所得税)・ABCパターン(贈与税)とか覚えた人も多いと思います。(昨日の「高度障害時の税金」の記事も参照してね♪)

死亡保険が支払われる時というのは、死亡時・高度障害以外にもあります。
「リビングニーズ特約」が付いているときです。

最近の保険ではかなりの割合で付いていますね。余命6ヶ月と診断されたときに、先に死亡保険を受け取るという特約。

このときの税金はどうなるでしょう?

~~~~
基本的には昨日と同じ、税金かかりません。
国税庁タックスアンサーにでています。
(ホーム>税について調べる>質疑応答事例>所得税目次一覧
   >リビング・ニーズ特約に基づく生前給付金
 www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/01/03.htm )

# 重度の疾病に基因して支払われる保険金に該当するもの

ただし、使い残した分は、相続財産に含まれ、相続税の対象になります。
~~~~
もし、6ヶ月以上生きてしまったときに何かペナルティはあるか?
(保険会社に返金とか、さかのぼって税金とか)・・・・ありません♪

それくらい、医師の「余命半年の診断書」は信頼されているって訳ね ←「半年くらいかなぁ」と口で言うのとは全然違いますからね。というか、普通の医師はうかうか口にしないものだと思いますが。

|

« 死亡保険金を「高度障害」で受け取ったときの税金は? | トップページ | 離婚がらみの相談は厳しいなぁ、と悟った話 »

FP-保険」カテゴリの記事