« 一万円、降って湧いたら、何に使います? | トップページ | 言葉の定義;「終末期医療」→「人生の最終段階における医療」へ(言葉の問題か?) »

2015/04/21

どこまで上がる?!1年で2倍の中国株 

アベノミクス以降、海外市況ニュースをきちんと追いかけてこなかったのですが、上海総合株価指数とか、H株指数とか、1年で中国株2倍以上ですね。
(今回は、グラフ描いてません。m(_ _)m 済みません)

昨年くらいから、中国経済は減速だ! と言われていましたが、なんだかんだ言っても株価は好調。

中国は、この10年20年で見ると、一時は二桁成長していたけど、目標が7%になってさらにそれも割り込んで5%とか。習指導部になって、質重視へ転換!なんて言われてます。

不動産はイマイチという話なので、不動産に流入していた資金が、株に流れ込んでいるのでしょうか? ひょっとすると、以前はバブル的・投機的だったのが、平均給与も上がって、全体として見てみると実体経済が良いのかも知れません。

・・・実は、このところ、ここ1年くらい、経済ニュースをよく見てないというか、
  流し見なのです。すっかり出遅れました(;_;)
  ついつい、ロシアと原油に目がいったのとISISも不気味だったし。
 (日経CNBCチャンネルより、CNNとかを付けちゃうから @スカパー)

==========

京都への観光客は、中国人以外も増えてます。
頻繁に中国人の爆買いニュースが流れていますが、その他の国の購買力も無視できない感じです。
最近JRに乗っても京福電鉄に乗っても、「外国語しか聞こえない」なんて時があって、それもいろんな国の言葉です。 インド系? タイ系? ちょっと顔付きの違うアジア系の観光客も。。。。女性は目がくりっとカワイイ。

で、どういう訳か、ベビーカーの子供連れ観光客をよく見ます。(というかやっぱり目立ちますし)。それよりも、暖かくなったとは言え、まだ肌寒いのに、半袖Tシャツ一枚+半パンで歩いてる観光客には驚きです。

今週は、先月の「訪日観光客数」の発表がある週です。@観光庁 (今日だっけ、明日だっけ?)

   ・・・海外観光客の恩恵を受ける株が上がるか下がるか?
    って、それよりもいろんな会社の決算発表が今週くらいから
    始まるのでそっちに引っ張られますね、たぶん。

|

« 一万円、降って湧いたら、何に使います? | トップページ | 言葉の定義;「終末期医療」→「人生の最終段階における医療」へ(言葉の問題か?) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事