« どっちが正解?「人件費はコスト?人材は宝?」 | トップページ | 値上げはこれから! だって春からって所が多かったし(まとめ) »

2015/01/30

マイナス金利が現実のものになってきた

マイナス金利、続々登場ですっ!

先週のスイスフラン・ショックはスイス国立銀行がユーロとの為替上限を撤廃するというニュースが発端でしたが、同時に、マイナス金利も導入しました。

デンマークの中央銀行も少し前からマイナス金利でしたが、昨日、さらに拡大して-0.5%。
日本の債券でも、昨年秋に2年債で一時マイナス金利になりました。

==========
債券でマイナス? => 満期まで持っていると損!
   なのに何故、マイナスになるのか? 誰が買うのか?

それはね・・・
 ひょっとしたらもうちょっとくらい債券価格が上がるんじゃないかっていう期待面からです。
(現金持ってれば「絶対」に価値は変わらないけど、債券なら上がるんじゃないかっていう期待)

金利が付かない! だけならまだ良いんです。物価にあっていないのが大問題。昨日のネットニュースでは、これを「インフレ税」なんて呼んでいました。

とりあえず、米ドルは金利上げのタイミング待ち状態ですから、ドルに流れる?

==========

あえて原因を言うとすれば、日銀もECBもかつてないほどの金融緩和=国債やら何やらいろいろと買って市場にお金を出している・・・なのに、市場(とくに銀行)は貸し出しではなく株式などの投資でもなく、行き場がない。だからとりあえず債券へっていう流れ。

本来、成長産業や国(成長国・新興国・発展途上国)にお金が流れるべき、という原則というか量を無視した中央銀行の政策で、やり過ぎだろ、なんて思っています。
これを金融政策の手段のひとつと言って本当に良いのか疑問です。

10年前なら為替介入ですね。これ、ヘッジファンドやらが儲けるだけ! の批判からでしょうか。手法が変わってきたと見ればいいのかな。

マイナス金利! 普通に考えれば異常な事態です。それくらい、今、金融緩和・お金じゃぶじゃぶで、行き場がないってこと。
  > 行き場がないなら、オレの所に来いよ♪

|

« どっちが正解?「人件費はコスト?人材は宝?」 | トップページ | 値上げはこれから! だって春からって所が多かったし(まとめ) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事