« GDP下方修正、でも日経18000円台 | トップページ | 年賀状のCD本、買った »

2014/12/10

預金金利がつかない! どうする、どこに預ける? 投信を買う?

本日12/10と言えば、国家公務員のボーナス支給日。。。←変わってませんよね♪

毎年12月になると、「ボーナスどこに預ける、預金金利」みたいな記事を書くのですが、預金金利、もうグラフにする気が起こりません。利子、全然つかないです。
0.04%ってどういう金利? みたいな。(一方で物価は3%アップしてます)

  物価が上がる=インフレリスク 預金の目減りです! 
  じゃあどうする? どうします?

過去35年間、日本では、物価上昇より預金金利の方が上の時代がほとんどでした。だからこれまでは、リスク=元本割れするかしないか だけを考えれば良かった。
 リスクがあるからリターンがある! です。
 
でも今では、投資をしないリスク=インフレリスクが急速に高まっています。

じゃあ、まとまったお金をどうするか? 初心者向けには下の(1〜4)

========
  低リスク(1)銀行預金・現金のまま =インフレリスクは諦める
   ↑  (2)普通国債・・・・これも低金利ではある。国の破綻リスクもある
   ↑  (3)物価連動国債(※)
         10年変動金利国債
   ↓              =国の破綻リスクは残る
   ↓  (4)投資信託(債券中心)
  高リスク  投資信託(株式中心)(REITほか)

      (5)もっと高リスクなのが、株式・先物ほか・・・

========

【物価連動国債】、※マークを付けましたが、現実的には個人では直接買うことができないのでこれの投信を買うしかありません。でも、手数料は株式系投信よりは低めです。投信ですから日々基準価格が変動するので高値づかみ&物価がずーっと上がらない時には元本割れすることがあります。でも、今の状況なら(1)よりは良いかな、と思ってます。
これの最大の欠点は、物価が上がらないのに金利が上昇した時です。(つまり日本売り、とか。)金利上昇には対抗できません。なので、平行して、【10年変動国債】もラインナップにいれました。

ところで、
  現物の金(ゴールド)とか、不動産とか、どうなんでしょうね〜
     ・・・最近REIT好調だし、オリンピックまで持ちそうかも。
     
ただ、日本売りに備える・資産を守りたい!
 なら、上にはありませんが、
  ★金(ゴールド)と
  ★アメリカドルも、  是非考慮して欲しいなぁ。
       (=相場リスクがあるけどね)
========

基本的に(3)以下は、現金よりはマシという程度。
  逆に(4)以上は、元本割れリスク大
  
むしろ、全体の中から取れるリスクで、(4)を狙うのがgood、とは思ってます。
(例えば、10万円とか100万円とか)

ただ、遺産2000万がやってきた。退職金2000万円もらった。
すべてを(4)や(5)にするのは恐すぎる(←これはやめてね♪ 筆者注)
2割を(4)(5)にするとしても、じゃあ残りは? ってときに、
(3)の【物価連動国債】と【10年変動国債】を考えて貰えればよろしいかと。

一番大事なのは、
  インフレリスク・元本割れリスク
     どれくらい許容できるか考える事!

 投資をしないリスク、今のトレンドです♪
 
 (※ 初めてなら、全体資産の2割以下にしておいた方がいいですよ♪
    で、そこで儲かったから、さらに、、、、でひっくり返る人が多いような。
    欲張っちゃいけません、はい>自戒でもある(^_^;) )

====(おまけ)
もし、私が今、サラリーマンで定期収入が確保されていて、かつ、当面使う予定のお金は準備できている中で、月3万円貯金しているなら

  3つに分けて、【定期預金積立・金の積立・投信(株式系)の積立】 にするか。
  年4回くらいに分けて、上のやつをスポット(←お買得そうなのをその場限りで)
  で買います。
       ・・・こんな面倒なコトするなら、インフレリスクを諦めよう
          なんてこともアリな訳ね♪
          だから『投資のリスク』も『しないリスク』も、よく考えてね♪

|

« GDP下方修正、でも日経18000円台 | トップページ | 年賀状のCD本、買った »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

FP-銀行・株」カテゴリの記事