« あっちこっちで、クリスマス・イルミネーションが凄い | トップページ | いつもと違う今年の「冬至」! “朔旦冬至”なのだ »

2014/12/20

「電気代4割アップ」に企業が悲鳴!(企業物価指数より)

国内企業物価指数です。。。。消費者物価とはちょっと違う。
日本銀行の、時系列統計データ検索サイトの物価関連より

 ●国内企業物価指数:総平均(※2010年基準=100)、と
 ●大類別:電力・都市ガス・水道 

を抜き出しました。

Ppi2014
企業物価上がってます、私がわざわざ言うまでもなく・・・
消費税アップのタイミング前後では

   2014年3月が 102.8 から
   2014年4月が 105.7 へ  →→→差し引き2.9%

    消費税アップ分がそのまま上がったかのような、美しい数字♪(おぃ)

で、電気・ガス・水道の大分類指数。4年で4割アップです! 1.4倍。毎年1割上がっているような感じですね。
ガスも水道も入ってますが、電気の影響が一番でかいのは当然。家庭でも大変ですが、企業の方でもどうにもならないレベル。ご存じのように、事業者向け電気料金値上げは、一般消費者向けより簡単にできます、国の認可が必要ありません。

これだけ価格が上がれば、第2・第3の電力会社から買おうという動機付けが大きくなるのも当然。

========

先週、関西電力が再値上げを表明しました。(;_;)
北海道電力に続いて2社目。どうも1割くらいあがりそうな感じです。

 経済は、エネルギー量に比例する!
   日本のエネルギー政策はどうなる? どうする?

 自然エネルギー電力が増えるほど、電気代は値上がりする。
 それ以上の、付加価値が付く、経済力・工業力・サービス力を生み出すことが出来て、国民の総所得を増やしていけるかどうか?  どうやって稼ぐ、日本よ!

(関電にお勤めしてるはずの同級生のSくん元気にしてるかなぁ、、、、ボーナスまたも2年連続で無いらしいけど。。。。俺なんてずっとないし、(^_^;) )

|

« あっちこっちで、クリスマス・イルミネーションが凄い | トップページ | いつもと違う今年の「冬至」! “朔旦冬至”なのだ »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事