« 身じまい! 安楽死と尊厳死の違い、分かりますか? | トップページ | 家計簿と現金が合わない時の対処法(どーでも良い話) »

2014/11/29

原油はまだ下がる?! OPEC減産見送り(原油10年推移)

原油価格動向、一般のテレビニュースでも取り上げられてました。

OPECが減産見送り!
   ・・・なので、原油価格急落!
   
このところ、原油価格下がってます。
グラフはWTI(アメリカ、ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油価格動向。少し長めの十年間グラフを描いてみました。この半年間で3割下がってます。
Wtioil2014
 ●10月初旬に、サウジアラビアが、価格引き下げ!
    その原因は、アメリカのシェールガス掘り掘り競争。

アメリカで油が出るもんだから、価格が下がっちゃってるのですね。
でもって、このままにすると、シェアを奪われる! だから下げてきた。
OPEC(石油輸出国機構)も「減産して価格を上げたら、シェアなくなるぞ」とサウジアラビアが主張した模様です。

で、サウジアラビアは、体力がある。だから少々値が下がってもやっていける。かわりに、他の中小産油国、こちらは値が下がると元々の産油量が少ないだけに、やってけなくなる。

10年後には、弱小産油国はつぶれるかもしれません。
こういう状況の時には、まだまだ値が下がる、と思うのが一般的。だって余ってきてるんだから。

で、もう一度グラフを見ると、かつてのBRICs全盛時代。
油に限らず、穀物も貴金属も高騰しました。需要の方が大きく上回ったからですね。これが再びやってこないとは限りません。(ちなみに最近のサケ・サーモンの高騰はチリ産の価格高騰が影響しているらしい。)

  需要と供給が価格を決める。でもいつまでも余っている訳じゃない
  OPECの神通力もだんだんと効かなくなってきた。

油に変わって、これからは水だ! という人も多いようですが、どうなんでしょ。
やっぱり「金(ゴールド)」じゃないかと思うのですが、最近金の価格は抑えられ気味です。

投信基準価格的にいろんな国を見てみると、インドが好調ですね。BRICsの中でも際だっています。
(・・・・中国・ロシアは政局というか軍事面の影響があって当然ですが、
     結局ブラジル、イマイチだった(^^;) 反省)

======
日本にとっては、原油価格の低下は、インフレ圧力の緩和になります。円安が進んでいるだけに良い方向。(でも、日銀はインフレ目標2%を掲げています。先日も、インフレの足を引っぱってるのは原油も一因なんて言っていました)

うーみゅ、、、、賃金が上がらないことには、好循環は生まれない。インフレだけ進んでもそれは悪いインフレ。

どうやって給料を上げるか=GDPをあげるか=一人あたりのGDPをどう良くするか?

結局の所、生産性の問題・付加価値の問題に帰着する。。。。。同じ事やってたって仕方ないですよってこと。

|

« 身じまい! 安楽死と尊厳死の違い、分かりますか? | トップページ | 家計簿と現金が合わない時の対処法(どーでも良い話) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事