« 街中で一等水準点を発見! | トップページ | 原油はまだ下がる?! OPEC減産見送り(原油10年推移) »

2014/11/28

身じまい! 安楽死と尊厳死の違い、分かりますか?

エンディングノートというものを一冊買いました。
で、終末期医療のところを見ていて、「これよく考えると、なかなか書けないなぁ」なんて思ったのであります。

  先月、アメリカで末期ガンの患者が安楽死したというニュースや、
  NHKで、身寄りのないお年寄りの延命措置をいつまで続けるか、
  という問題を取りあげていたり、

  ずっと前には、京都で末期ガン患者を安楽死させて医師が有罪となったり、
  胃ろうや高カロリー輸液による、チューブなしでは生きられず、
    意思疎通もできない患者をどうケアするのか学会でも議論されたり、

まぁ、こんなニュースが増えてきています。

========
で、表題。「安楽死と尊厳死」、違いがよく分かっていません。
まず、どちらも回復困難な状況であること。これはいいですね。

安楽死は、薬などで死期を早める=悪く言えば、医師による殺人
尊厳死は、(1)医療行為をすべてやめる、自然に任せる・・・自然死
     (2)苦痛緩和の医療行為のみ、で死を受け入れる。

本人の意識レベルとしては、
     (a)意思疎通がなんとか(はい・いいえだけでも)できる
     (b)(aはできないが)反応がある
        口に食べ物を持っていけば食べるし、手を握れば握り返す
     (c)いわゆる、植物人間状態

(a〜c)どの状態で、(1)(2)を考えるのか、これだけをとりあげても、「尊厳死」のとらえ方は人によって変わるのだろうなということが分かってきました。

========

で、現実の病気・けがではこの前に至る段階がほとんどです。
例えば、事故で利き腕を無くした・両足を無くした
    脳梗塞で、半身不随。
    それより以前に今現在、周囲を見回すと、
      ・・・「介護状態」ってのが控えてる

どれも現代医療では「死」とほど遠い状態です。でも、人によれば、例えばそれこそ右腕一本で仕事してきた職人さんや芸術家とか、「もう生きてる意味がない」なんて思う事もあるでしょう。

自分の思い以外に考えないといけない部分もあります。
    ・苦痛レベルがどうなのか(例えば、さまざまな炎症)
    ・そもそも、その時まだ脳は働いているのか(←認知〜植物状態の間)

これはなかなか、書き込めないぞ! ってのが印象。

========
エンディングノートには、他の欄もあります。

 ●癌告知して欲しいか欲しくないか(←これ最近あまり言わなくなったですね、
                というか、現状ありのまま伝える事が多い?)
 ●介護をどうするか(場所・人・金)
    自宅かホームか、誰に世話して貰うか、。。。。

どうあがいても、簡単に答えがでないものばかり。簡単に書けません。

私、ライフプランの仕事をしていると言いながら、この部分はいままでなるべく触れずに済ませてきました。
「生命保険は葬式代ですね」とか「介護費用にもなりますね」とか「自宅を売って、老人ホームですか」とか、くらいまで。(・・・だって話が暗いんだもん(;_:))

でも、超高齢化社会! それは多死時代、とも言われています。
「人間らしく最後まで生きたい」と思う時に、FPとして何ができるか。
【自分らしく、最後まで生きる!】ためには、避けては通れない問題で、まだもう少し時間をかけて考えないといけない問題のようです。

人間、死んだ時(葬式の時)に、その人となりが分かる! と言っていた人がいるのですが、最近では相当出世して部下が一杯いた人でも結局は「家族葬」ばかり、のような気がします。

実際には、死んだ後の事も重要テーマだと思っています。
葬儀の方法もしかり、インターネットの忘れられる権利もしかり(←単純には、ネットのIDとパスワードと解約手続きの問題)
FPの教科書には、相続の話は出てきても、あまりこの手のことは出てきません。
  ・・・ここに商売のネタがある? (^_^)v

私自身おひとりさまなので、結構いろいろ問題先送りにしちゃってるなぁ〜、みたいなそんな気持ちがふつふつと。。。。。

|

« 街中で一等水準点を発見! | トップページ | 原油はまだ下がる?! OPEC減産見送り(原油10年推移) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事