« 災害被害の税金減額「雑損控除」(確定申告が必要だよ) | トップページ | 素人の不動産投資家が持つ「不満」。ここが予定外! »

2014/10/17

総所得と課税所得(すっげー勘違い、してた)m(_ _)m

昨日の自分のブログを見ていて、すっげー勘違いに気づいてしまいました。
「収入と所得」の違いについて。

(以下、昨日の記事「雑損控除」をはしょって抜粋)

# (1) (差引損失額)-(総所得金額等)×10%
# つまり、年収500万円の人なら 損失が50万円を越えた!

これ年収じゃなく、所得ですよね~。
だから、控除を引いたあと。

 所得=収入からいろいろな控除を引いた残り! と覚えませんでしたか?

だから上の「年収500万円」を、「所得500万円=年収750万円くらい(扶養人数による)」って訂正しようとしたのですが、これも間違っていることに気づいて、、、、今、焦っている>俺 →扶養人数は関係ありません

扶養人数を引くのは、【課税所得】。つまり税金計算するときで、ここで書いてあるのはその前の【総所得】、だから、給与所得控除しか引けません。
給与所得控除と、その他の控除(扶養控除や保険料控除・・・・)を混同してしまってます。

==========

確定申告をした人は、分かってもらえると思うのですが、

確定申告の最初のページ、第1表の左側には、「収入」・「所得」・「控除」があります。
この「所得」=事業・不動産・利子・配当・給与の所得の合計が【総所得】。(←最近の第一表だと丸9の欄)

扶養控除や保険料控除などを引くのはこの合計所得を出した後。
で、引いたのが【課税所得】。

==========

この「合計所得(総所得)と課税所得の勘違い」、CFPを取ってから数年後に間違いに気づいて、こそっと直したり、こそっと削除したりしているのですが、まだ間違ったままの文章が、そのまま残っているかもしれません。(・・・今も間違った訂正してしまいそうだったし)

昨日の記事もこそっと訂正してあります。
ごめんなさいです。m(_ _)m

|

« 災害被害の税金減額「雑損控除」(確定申告が必要だよ) | トップページ | 素人の不動産投資家が持つ「不満」。ここが予定外! »

FP-相続・税・離婚」カテゴリの記事