« 世帯収入30年推移(家計調査より)で、ライフプランが必要な訳 | トップページ | 野菜高騰、実りの秋ほか(駄文) »

2014/09/09

賃金指数をグラフにすると「景気回復が実感出来ない理由」がわかる

昨日に引き続き、賃金の話です。(←読んでない人はぜひ読んで♪ でもって今日はちょっと長文。いろんなデータで頑張った>俺! (ぎっくり腰にもめげずに頑張ったよ!) ))

今日は、厚生労働省の毎月勤労統計調査。

ここには、毎月の残業時間とか貰った給料とかの調査があります。詳しく見ると、『賃金指数』という項目がある! 平成22年の平均値を100として、指数化したものです。この増減を前年同月比でグラフにしたのがこれ。
  名目=額面、ってことね
  実質=物価を考慮した、ってことね

Chinginsisuu2014
(出典;厚労省HP > 統計情報・白書 > 各種統計調査結果 > 厚生労働統計一覧 > 毎月勤労統計調査)

====

グラフを見ると、額面では増えている! でも物価上昇に追いついていない!
実質目減りしているってことがわかります。

・・・だから景気回復が実感出来ないわけ♪

なんで、「名目と実質」がこんなに乖離しているのでしょうか? 異常なくらいの乖離です。数字にすると、約4%近く離れています。
大きな理由が二つあります。

 (1)電気代ほか燃料費、その他原材料のアップ 約1%
 (2)消費税アップ! 約3%

 (※消費税アップはすべてが転嫁されている訳ではないので、少な目に出る。)

========

じゃあ、物価はどれくらい上昇しているのでしょうか?
こちらは、総務省統計局が毎月公表しています。消費者物価は通称「CPI」と言いますのでこの際覚えちゃいましょう。。。。アメリカのCPIはとか、中国のCPIはとか、よく使います。

まず直近、5年分くらいをグラフにしました。
近年まれにみる、大幅物価上昇!! \(◎o◎)/
消費税アップ直前が1.8で、直後が3.8だとすると、大体消費税の影響は2%ってことですね。
Cpi2014
次に30年推移。
こちらを見ると、消費税アップすると大体そのまま物価が上がる、と思っておいても構わない感じ。

(出典;総務省統計局ホームページ/消費者物価指数(CPI))
========

じゃあ問題は、「来年秋に、8→10%アップできるか?」であります。
これが今日の本題です。「景気回復してないのに消費税を上げたら・・・」

もう一度、賃金指数に戻ります。
実は7月、この夏のボーナスが入る数値を、注目してました。(ここでアップだったら、経済の好循環! だと思っていたのですが・・・)

今の状態で、1.4%ほど目減り。これに2%目減りすると、経済は確実に失速します。(さらに昨日、この春の四半期GDPを下方修正(6.8%→7.1%)とのニュース。消費税アップが想像以上に悪影響している!)

GDP 2%分というと10兆円ほどの経済対策が必要。
・・・じゃあどうする? どうしましょう。
   例えば、

(a)アベノミクス第3の矢に期待! でも、10兆円の成果が出るのはまだまだ先。

(b)年間の海外観光客が1000万人を突破した! だけど、例えば、あと1000万人増えて、ひとり50万円使ってくれるなら、単純に5兆円で波及効果を考えると良い線行きます。でも現実に、プラス1000万人×50万円は、ひと桁以上多い非現実な数字。

(c)農林水産物の輸出、これ本当に頑張っている。工業製品が伸び悩む中で、農産物は品目によっては伸び率ふた桁以上。でも、現在数千億円規模です。現在の政府目標は1兆円。。。。やっぱりひと桁、足りない。

(d)現在の人手不足感が賃金アップに繋がるか?・・・これは少しは期待したい♪
 初任給、月給20万円の2%で4000円。

========

通常この状況で、消費税再アップは無理です。第3の矢の効果が出てきそうな3年くらい、実施を遅らせたいくらい。
でも、与野党合意(自公民合意)で通した法案をそう簡単にひっくり返すとも思えない。というか、再度法案通すなんて無理。だから何が何でも消費税は上げてくる。

●楽観シナリオ;
 上の「第3の矢・観光・輸出」その他もろもろで、何とかクリア。
 多少の補正予算との合わせ技でなんとか経済失速を避けつつ、成長軌道にのせる。
  ・・・みんな成長銘柄の株を買おうぜ!
     REITがだいぶ、上がってきてるね♪
       (この線が一番濃厚か?)
●悲観シナリオ;
 (1)消費税アップが頓挫。法案再提出で国会が泥沼化。
 (2)消費税アップ強行で、経済失速。デフレに逆戻り。
 さらに、日銀の国債買い入れ増加で、国(日本円)の信用が低下して、国債価格下落&金利の予想外のアップ。
  ・・・有事の金(Gold)。資産保全のためには、金かドルだよやっぱり。
     みんな金を買おうぜ! ってことになる

●中間シナリオ;
 消費税アップを延期。ただし、財務省がウンと言わないから、暫定的財源(時限的な税制改正か、または、時限的な特別税(今、パチンコ税とか競馬税とかいろいろ出てる)で乗り切る。

こんな所でしょうか?

2013年の貿易赤字がおよそ10兆円。これ辛い(;_;)
円安になったのに輸出が伸びなかったのが、安倍政権の最大の誤算かもしれません。

|

« 世帯収入30年推移(家計調査より)で、ライフプランが必要な訳 | トップページ | 野菜高騰、実りの秋ほか(駄文) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事