« 高齢者の貯蓄額の分布(2013年家計調査より) | トップページ | 生活保護額の実際(地域で違う、家族二人で10〜19万円) »

2014/09/17

最低賃金、7年掛けてやっと生活保護を上回る

ちょっと前のニュース、最低賃金に関するニュースです。 
来月、この10月から適用される最低賃金。額は各都道府県で異なりますが、今回やっとすべての都道府県で、生活保護の水準より上回るようになります。

  平均 780円(16円アップ) 
   (最高は東京の888円、最低は沖縄の677円)

==========

働かずに生活保護の方が得! という逆転現象。 
   (実際の生活保護費の額は明日掲載予定ですっ!!乞うご期待! ♪)

毎年少しずつ解消されてきていましたが、最後に残っていた「北海道、宮城、東京、兵庫、広島」も今回解消。

問題視されてから解消まで7年間、だそうです。

==========
個人的な意見・・・・。
 
昔と違って、単純労働でさえ(ある程度は)経験が重要視される時代。だから「最低」よりも「仕事内容や能力」ごとの賃金を確立する方が大事だとは思ってます、ちょっと難しいけど。 
(例;同じ内容の仕事なのに、派遣vs正社員とか、若手vs古株とか、あっちとこっちで時給が全然違うというやつ。) 

・・・・もちろんいざという時の責任所在も給料決定には大事な要素。 
先日、どこの企業だったか忘れましたが、年功序列を完全廃止! 、、、給料は、年齢じゃなく椅子(課長のイスとか部長のイス)で決まる時代なのかも。総報酬制とかホワイトカラーエグゼンプションとかはきっとこれ。

|

« 高齢者の貯蓄額の分布(2013年家計調査より) | トップページ | 生活保護額の実際(地域で違う、家族二人で10〜19万円) »

FP-若年・新婚・サラリーマン」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事