« 公務員の定年退職金、2年で400万円減少+早期退職 | トップページ | ぎっくり腰、ふたたび(>_<) »

2014/09/05

ユーロ急落 政策金利を0.15%→0.05%決定

<<本日のブログ記事=下の文がちんぷんかんぷんな人は、
 「FX取引するのは危険だよ!」的に読んで貰えれば嬉しいかも>>

========

スーパーライフの宣伝は、「月の初めの土日月火〜」
でも為替のお祭り「月の初めの、木と金」、です。これかなり重要。
アメリカ雇用統計とその前日のADP雇用統計の発表される日。

で、昨日、夜の、ユーロ相場>>>ユーロ急落です。何故かというと、これはECB絡み。

ECB理事会(←欧州中央銀行の理事会ね♪ 日銀でいうと金融政策決定会合みたいなもの)、ここで
 ●政策金利 0.15%→0.05%へ
 ●ABS 10月から 買い入れ決定

ユーロがじゃぶじゃぶってことです。だから、値段が下がる=ユーロ安!
ちょうど日本が2年前に、異次元緩和バズーカ砲(国債買い入れほか)で、一気に円安になったのと同じ構図ですね。
(※ABS ←資産担保証券のことね♪ 随分前の映画だけど「ウォール・ストリート」でマイケル・ダグラスが『ABSやCDSは、ステロイドのように劇薬』なんていう台詞がありました)

Euroyen20140904
夕方から為替ニュース『本日の為替見通し』を見ていました。
 “ECB政策の変更はなし”なんて予想してたのは誰だ〜!
まぁ、専門家と言えども、将来予想なんてそんなもの。
私もこのブログで相場関係のことをいろいろ書いていますが、たいていは“後出しジャンケン”的内容です。だから割り引いて読んで下さい。

========

ところで、皆さん(といってもFXとかやっている人向けの皆さんですが)、
指標とか使ってますか?

いろんな指標がありますね。
= 単純移動平均、25日平均、ボリンジャー、RSI、MACD・・・
  回帰曲線や、売買数量の動向
  円・ドル・ユーロで、ドルユーロを重要視する人も多い =

いろんな指標を先取りして、薄い売買を数で稼ぐソフト(FX自動売買ソフト)なんてのもあります。(ありますが、どういうものか知りませんのであしからず)
  ・・・絶対儲かるってもんじゃなく、相場って小刻みな上下変動が必ずあるから
     それを数打ちゃ当たる方式で、数多く自動売買させるというもの、
       と認識しているのだが合ってる?)

でもって、そんなことされると、FX業者の方はシステムの負荷が非常に掛かってコストが高くつくので、(同一ユーザーからの短時間取引を)制限するようにしてたり、とか。
========

takは、ボリンジャーを1時間足で使ってます。それと5分足チャート
でもって、指標よりはニュース先行型。
「上がった・下がった。何のネタで上がった?下がった?・・・
 ・・・で、その後を想像して売買」

正直、株式の方が面白い。つーか、為替は外国のニュースに左右され易すぎるし。
でも今、株のデイトレ=同一銘柄の売買は規制されてます。チェックが入る。
(売って買って売って買って、を繰り返しても、差額分のお金を用意すれば良い。
 これでは、株取引の実態を歪めるという理由)

  で、それが嫌な人が、FXに向かっている?
それか、夜にしか取引できない人が、FXに向かっている?
        ・・・ホントか?

株のPTS夜間取引もあるけど、売買が薄すぎます。
全面解禁されたらいいのにな。

|

« 公務員の定年退職金、2年で400万円減少+早期退職 | トップページ | ぎっくり腰、ふたたび(>_<) »

FP-銀行・株」カテゴリの記事