« 年金20年後は2〜3割減(国の年金財政検証2013から) | トップページ | 小麦が値下げ−0.4%(政府売渡価格;2014秋)と「小麦色の肌」 »

2014/08/27

老後しあわせ設計;年金1年の1%分、を運用する大事さ

昨日に引き続いて、年金の話題。
昨日の記事では、年金が1%ずつ目減りすることを書きました。
であれば、生活をそのまま維持しようとすると

 (1)その分、預金をとりくずす
 (2)あるいは、その分を利殖する

どちらかですね。
200万円の年金とすると、その1%と言えば2万円。
老後30年として、60万円。(※ただし物価が上がっているのでこの額では足りなくなる)

だから、
 (3)物価上昇分だけは利殖させて貯金を目減りさせない!

この3つが老後しあわせ設計で大事なポイントです。

で(3)。 これまで、預金の利息が物価に追いつかなかった事はほとんどありませんでした。反転するようになったのは、この数年のこと。

だから、株か土地が上がる(あるいは他のバブルもの)か
    投資詐欺が増えるか(「預金じゃ利息つきませんよ」って)

どちらかです。
(ちょっと、自分で書いていて強引な結論ですが、あってるような気がしてなりません)

========
あえて書きます。
年金1年分を1%の利殖! これ以上、欲張らないこと!
これ位の気持ちでいれば安全じゃないかと思います。
皆さん「欲張る」から、あるいは、「すぐに使わないから」(←こっちの方が大事)。
これで、リーマンショックやテロ事件とかで急落して慌てて損切り! なんてことになってます。

|

« 年金20年後は2〜3割減(国の年金財政検証2013から) | トップページ | 小麦が値下げ−0.4%(政府売渡価格;2014秋)と「小麦色の肌」 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事