« 1万円貰おう!「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」 | トップページ | 老後しあわせ設計;年金1年の1%分、を運用する大事さ »

2014/08/26

年金20年後は2〜3割減(国の年金財政検証2013から)

年金の財政検証。5年に一回報告されるやつのこと。ひと月半くらい前にニュースになりました。・・・でも何となく難しくって、でも老後はウハウハじゃないよね、くらいは皆さん理解できてますでしょうかね〜

景気の良いパターン・悪いパターン、いろいろ8通りで検証して新聞雑誌もいろいろ書いてあって、原文読もうとしました。でも最近忙しくて読んでる時間がありませんm(_ _)m だから、いくつかの記事が出つくすのを待ってたりして(^^;)。

でもま、超簡単にまとめると、今まで私が言っていた事と何ら変わりありませんでした。はい。

 物価が毎年1%以上上がる(※日銀目標は2%)
 年金は物価が上がっても、マクロスライドで物価より1%程度上昇を抑える。

∴ 実質、年金は額は上がるけど、物価に追いつかず、
  毎年1%程度ずつ実質の年金額が減少する

20年間だと、1%×20年で、2割減。(複利計算は省略)

現在私50歳。私が貰い始める15年後は・・・・15%減ってこと(;_;)

まぁなんと単純な明快な答え!!

(これをま、物価が上昇するとしてそれを現在価値で割り引いて・・・・金額的には上がってますよ♪ みたいな書き方にしている訳ね)

========
で、問題は二つあります。
(1)物価が想定以上上がらない時。
   これは、補足で、下がる時でもマクロスライドを発動せよ!
   とのコメントが付きました。

で、2番目。これは、takオリジナルの問題点。

(2)健保料・介護保険料の上昇が入ってない!
   いやひょっとすると入っているのかも知れません、詳しく見ていません。
   ただ、想像以上に保険料が上がるはず。これは人口予想推移を見ればあきらか。

もっとも、年金財政は、もともと、貰ったうちから払うのが税金+保険料なので、致し方ないかも知れませんね。。。。。(都合の悪い事は書きたくないだろうし。)

今年も健保・介護の保険料上がりました。毎年数%のアップです。
実際の改定は2年に一回ごとで毎回1割近く上がってます。(自治体ごとで異なるし、サービスの多い少ないと、高い安いがあるから、一概に保険料だけでは判断できない)

でも、人口ピラミッドを見る限り、この上昇幅で現状の介護保険制度を維持するのは絶対無理です。
・・・・どうするかは自治体に丸投げ? サービスを低下させるとか、もっと効率化するとか、民営化するとか、NPOやボランティアでやるとか

例えば、今朝や夕方に住宅街を走る車は介護事業者の車が多いですが、こういう施設を集約するとか、小学校とデイケアが併設されて、子ども+お年寄りを毎朝“安全に通学(あるいは送迎)”させるようなシステムができるとか、こんな自治体が出てくるんじゃないのかな。(老稚園構想;初めて聞いたのは約30年前。建築学んでる同じサークルの奴が「こんな構想があるんだぞ」と言っていたし、時々ニュースでも見るけど、イマイチ進んでませんねぇ。ニーズに合わない?)

========
年金の話からずれちゃいました、すみません。
年金財政検証には当然、介護保健制度のことは入ってません。(←同じ厚生労働省だけどね。ちょっとだけ嫌味m(_ _)m)

介護労働力がめちゃくちゃ足りなくなる、でも予算は無い!(←外国人労働力? 離職を減らす? これも厚生労働省管轄。ちょっと嫌味(^_^;))

足りない労働力はロボットやパワードスーツ(←これは経産省、であってる?)
ちなみに老稚園を作ろうとすれば、施設は国交省、制度は文科省+厚労省。(←進まないのは縦割り行政のせいかも)

========
前回の財政検証は、物価上昇4%だっけ? 無茶苦茶な数字であちこちから突っ込まれてましたがそれよりはマシでしょうか。(※今のところ、毎回「財政検証の予定よりも、実際は悪い結果になっている」、という点は要考慮であったりします、はい。)

|

« 1万円貰おう!「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」 | トップページ | 老後しあわせ設計;年金1年の1%分、を運用する大事さ »

FP-年金・老後」カテゴリの記事