« 貿易赤字いつまで続く! 24ヶ月連続(2014年6月分) | トップページ | 有効求人倍率は↑、完全失業率は↓ の意味 »

2014/07/29

人口減少、都市部集約が避けられない中でどんな老後を迎えれば良いだろうか?

  「今日も暑いねー」
  「今日の暑いよー」

猛暑・酷暑・大暑・烈暑・爆暑・凄暑・危暑・強暑・・・・
どれでも良いけど暑いです。(いくつか作っちゃいました、なにげに造語で漢字が読めないのもありますm(_ _)m)

毎日毎日、
「水の事故は・・・」
「熱中症で本日搬送された人は全国で・・・」

こんな統計を毎日取ってしまうNHKというところはある意味凄いな〜とか思うわけで。
NHK=日本ひきこもり協会・・・(すんません、またアニメネタでした)
    (出典;NHKにようこそ! 滝川竜彦著(角川文庫))

========

日本放送協会! 私の叔父さんが元NHKの職員でしたが、それは今回何にも関係なくて、
「NHK DATAFILE.JPN」が結構、凄いと思ってます。
何が凄いかというと、「人口減少社会がどうなるか?」を真面目に取材している所。

すでに放送されていたのでご覧になった方も多いと思いますが、HPにも出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/dj/datafile.jpn/


   第一回(4/ 6)  女性が消える社会
   第二回(4/13)  廃校が招いた過疎
   第三回(4/20)  未来の“津波”に襲われる
   第四回(5/18)  人口減少“議会”
   第五回(5/25)  博物館の裏側にご招待
   第六回(6/ 8)  島は予言する

一言で言うと、歯抜けのように日本中で、集落・自治体が無くなっていくという事態が起こるという事。限界集落なんてもんじゃない。

はっきり言おう!
人口半分になっても、アナタの自治体やっていけますか?
          やっていける体力のある自治体ですか?

まだまだ、
「隣町ではやってるのに何故うちの街ではやってない?」
みたいな施策が結構あったりします。大抵、赤字の事業です。
そりゃ、赤字であってもやらないと行けない公共事業はあると思います。でも人口半分でも大丈夫ですか?  ・・・税収も・職員も・議会議員も・上下水道も

国レベルだと、平均化されますから影響は減ります。でも自治体レベルだと偏在化する。というか、過疎の地域は一層進む。。。。こんなこと俺が書くまでもない。誰だって分かる。これどうする? どうしましょう?

つい先週か先々週くらいに、一億人維持プラン! なる新聞見出しを見ましたが、少子高齢化が危機的状況(=今生まれても大人になるまで20年かかる)なのに、おためごかしで煙に巻いたような、というか、ほとんどの人は危機感持ってませんよね。(こんな事書いてる私も、どこまで実感しているかというと実は疑問)

========

「都会と比べて、不便だけれども良い所もあるよ♪」
という格差が広がって、でもそれを魅力と感じる人も出てくるか?
「最低限のレベルを維持するために、都市の集約が進むか?」
どちらかです。

で、一人暮らしの増える高齢化社会においては、要介護=一人で生きていけない状態になれば、都市への集約化は避けられない。
市役所と特養がセット、あるいは合併した市町村は、どっちかの市役所が特養に変身する、そんな未来像を描いていたりします。>私

自治体そのものの選択と集中。。。。平成の大合併がとても中途半端な上に、大抵が大きな赤字を抱えるだけだった、みたいなことになりませんように。

>>>若者が消える街。
   これ、結構あちこちで起こってると思うんだけどね〜

========
こういう状況の下で、どんな老後プランを作るか?
結構、難問であったりします。(田舎で少々のコガネがあってもどうしようもない事態になりそうな。。。。それが魅力的な生活だったら良いんですけどね)

|

« 貿易赤字いつまで続く! 24ヶ月連続(2014年6月分) | トップページ | 有効求人倍率は↑、完全失業率は↓ の意味 »

FP-年金・老後」カテゴリの記事