« 暑いのでビールでも・・・(駄文) | トップページ | 2014夏のボーナス&春の昇給状況(経団連ニュース) »

2014/06/03

「葬式は簡単に」は、遺骨をどうするかから考えよう

お葬式! 
数ある自分の無駄遣い?の中でも、人生の最後の最後に支払うお金が、お葬式!
(・・・いや払うのは普通、遺族ですが)

「イオンのお葬式」で検索すると、こんなページが出てきます。

  ●一日葬 (~15名程度)    348,000円
  ●自宅葬(二日間、~15名程度) 408,000円
  ●家族葬( 〃 、~100名程度) 718,000円

どうも、葬式を商品化することにはとても抵抗があるのですが、お寺との関係が希薄な現代社会ではそうも言ってられません。

「お布施で30万円? 戒名代で院を付けたらさらに50万円?」

こんな追加費用で、嫌な思いになる方も多いらしい。

========

都会にでてきて知り合った。
「配偶者が亡くなったけど、菩提寺なんてあるのかどうかも知らないよ。」
こんな人もいるでしょう。

とりあえずお葬式だけあげて、あと、遺骨を持ち歩いている、なんていう人もいるでしょう。(・・・実際に聞いたことがあります。その方は「お墓がない」のでという理由でしたが)

とりあえずお葬式だけあげて、あとから菩提寺を探し出したけど、お寺から拒否された。「納骨するなら、それなりのお布施を」という場合もあるでしょう。

========

「葬式は簡単で良いから」 これなら上の一日葬。

突然の葬式ならば、あたふたして、遺骨のことなんて後回し。でもその後、遺骨をどうするかで困る。
  ・・・ここで困って、あとから菩提寺に相談すると
     なると問題を抱えやすいってこと。

一般的に(私の近所なら)、菩提寺納骨で通夜の枕経から戒名、葬儀、四十九日法要くらいまでは、お寺に直接的にお世話になる事が多い。

でも遺骨を引き取らない! なんて場合は?

上の表にはありませんが、直葬という方法もあります。

 死去 → 火葬 → お骨拾いなし(火葬場にお任せ)

必要なのは棺桶代10万円と、移動のための車代3万円、あとそれなりのプラスアルファで合計20万円が最安コース。←これ、身元不明者の火葬費用を行政が予算化する目安額です。

今ではいろいろな葬送方法ができました。
 海に散骨・山に散骨、樹木葬、集合墓・・・

「葬式は簡単で良い」という最近のエンディング本(というか雑誌記事だと)「戒名入りますか?」と疑問を投げかけているものも多いのですが、私は戒名よりも、遺骨をどうするか、から考える方が良いと思ってます。

 お墓も同じ。お墓の役割=遺骨の処分地 & 残された人のメモリアル。
 メモリアルは必要ない(誰も参ってくれる人がいない)と思っている人でも、遺骨処分地は必要な訳で、、、、だから、遺骨から考えると分かりやすい。

========

「お寺ありませんっ」
随分前ですが親の知り合いに、こういう方がいらっしゃいました。
??? なぜ? 家を飛び出した? 帰れない?

・・・外国の方でした。お隣の国。

日本式のお墓を作られたみたいでしたが、家紋も当然ありません。(私も自分の家紋なんて良く覚えていませんが(・・;) というか、お墓以外に使ってる場所あるんだろうか? )

P.S. 追加費用で、意外なのがドライアイス代。 火葬場が一杯で、自分の希望する時間だと、1週間待ち、2週間待ちになるとか(みんな、お昼前後に火葬したいから)。夕方なら空いているそうです。
・・・大きな火葬場だと、コインロッカーのような安置所に入ることになります。で、何日もそこに入れておくのは、お金もかかるし、あとから本当に良かったのかと悔やむ人もいるらしい。なので、お気をつけください。(と、前にNHKで放送してました。)

|

« 暑いのでビールでも・・・(駄文) | トップページ | 2014夏のボーナス&春の昇給状況(経団連ニュース) »

FP-年金・老後」カテゴリの記事